【お客様の声】愛知県で痴漢事件(逮捕) 同種前科があっても罰金刑獲得の弁護士

2016-07-21

【お客様の声】愛知県で痴漢事件(逮捕) 同種前科があっても罰金刑獲得の弁護士

■事件概要
 依頼者(50代男性,同種前科あり,会社員)が,電車内で被害女性(未成年)の太ももを触ったとして警察に逮捕された愛知県迷惑防止条例違反事件。依頼者には,過去に二度同種前科があったことから,厳しい処分になることが予想されました。

■事件経過と弁護活動
 依頼者は,逮捕された後,警察署に連行され取調べを受けましたが,当日は釈放されて帰宅を許されました。しかし,警察官からは,在宅事件として捜査が続けられるので,後日再度の呼出しがあるから必ず応じるようにと告げられました。依頼者は,今後の取り調べへの対応,及び,刑事裁判によって懲役前科が付くことを心配され,当事務所に法律相談を受けに来られました。
 依頼を受けた弁護士は,まず,今後の刑事事件の手続きに不安を感じている依頼者の不安を少しでも取り除くために,今後の流れや取調べへの対応を丁寧に説明・アドバイス致しました。また,法律相談による確認の結果,依頼者には,同種前科が2度もあることが判明したことから,本件事件は,正式な刑事裁判による懲役判決の可能性も生じていました。そこで,依頼者に対して謝罪文についての指導を行ったうえで,被害女性への謝罪と弁償による示談交渉を提案させていただきました。
 示談交渉については,被害女性が未成年であったことから被害女性の母親が窓口となったものの,被害女性及びその母親の処罰感情が強く示談締結には至りませんでした。そこで,担当弁護士は,検察官に対して,依頼者には多数の同種前科があるものの,これまでとは異なり依頼者が本件について家族に打ち明けることで,同様の犯行をすることがないように監督する家族という貴重な社会資源があることを訴え,三度の罰金刑の処分を求めました。
 このような弁護活動の結果,依頼者の真摯な反省と,ご家族の方による監督が重視され,略式裁判による罰金刑で終了しました。

102121