愛知の強姦事件で逮捕 示談に強い弁護士

2015-11-12

愛知の強姦事件で逮捕 示談に強い弁護士

Aは、女性Bに対して暴行を加えて強姦したとして、愛知県警瀬戸警察署の警察官により逮捕されました。
Aは、被害者と示談をしたいと親族との面会時に言っていたことから、親族のXが刑事事件に強い法律事務所に相談に行きました。
(フィクションです)

~強姦事件で示談~

刑法第177条 3年以上の有期懲役

上記の事例でAが被害者と示談をしたいと言っているのは、おそらく強姦罪が親告罪であることに基づくものと考えられます。
親告罪とは、被害者が事件に対して告訴をしなければ、検察官は公訴を提起できないという犯罪です。
つまり、強姦罪は被害者の告訴がなければその事件につき、刑事裁判を起こされないことを意味します。
ですので、Aとしては、被害者と示談交渉することで告訴をしない、あるいは告訴を取り下げてもらおうと考えていると思われます。

しかし、強姦罪の被害者は、加害者に対して強い処罰感情を抱くことが多く、示談交渉に応じてもらえない場合もあります。
このような場合だと、当然、示談交渉による事件解決は難しくなってきます。

一方で、法廷で証言をしたり、加害者と会ったりしなければならない可能性もあることから告訴したくないという方もいらっしゃいます。
そのような方であれば、加害者から謝罪、被害弁償をしてもらうことで、事件を解決しようと思われる可能性もあると思います。
もっとも、被害者は加害者と直接会うことはないでしょう。
また、Aは逮捕されていますから直接交渉することは困難です。

そこで、示談交渉は、加害者の代わりに中立的な立場である弁護士に依頼することをお勧めします。
弁護士には守秘義務がありますから、職務上知った情報を外部に漏らすことが許されません。
そのため、被害者としては、自分の個人情報等が加害者に知られるおそれが低いという安心感を持つことができます。
そのことは、被害者が示談交渉に応じてくれるための重要なポイントです。。
また、示談交渉に定評のある弁護士に交渉を依頼することで、より目的を達成できる可能性が高くなります。

愛知の強姦事件で示談につきお困りの方は、示談に強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
弊社は、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、強姦事件などの示談交渉を数多く取り扱っています。
初回の相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
(愛知県警瀬戸警察署の初回接見費用 3万9600円)