<愛知の刑事事件>器物損壊罪で逮捕 不起訴獲得に奔走する弁護士

2016-08-10

<愛知の刑事事件>器物損壊罪で逮捕 不起訴獲得に奔走する弁護士

Aさんは、飲み会の帰りにタクシーで帰宅することにしました。
その際、運転手と口論となり、カッとなって、犯罪防止用の運転席と客席を仕切るボードを破壊してしまいました。
その後、Aさんは、器物損壊罪の疑いで愛知県警中村警察署逮捕されてしまいました。
(フィクションです)

~器物損壊罪における弁護活動~

器物損壊罪は、被害者の告訴がないと起訴することができません。
なぜなら、器物損壊罪は「親告罪」だからです。
被害者の方と示談し、告訴しないと約束してもらうことが出来れば、確実に不起訴にすることができます。
したがって、器物損壊罪では、示談交渉が非常に重要となってきます。

示談交渉は、加害者が自分の力で行うことも不可能ではありません。
しかし、一般的に、被害者は加害者本人と顔を合わせたくない、連絡先を知られたくないと考えます。
また加害者と被害者が直接示談交渉すれば、感情の対立から、かえって話がややこしくなってしまうこともあり得ます。
そこで弁護士を通して示談交渉をすることをおすすめします。

なお、器物損壊罪の示談交渉では、壊した物の価格を弁償するのが必要不可欠です。
壊した物の金額が高く、十分な弁償が不可能であれば、分割払いや減額の申し入れを行うことも不可能ではありません。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、「不起訴獲得を得意とする弁護士」です。
なぜなら、弊所の弁護士は、全員刑事事件を専門にしているからです。
また、弊所では、初回無料相談という形で、弁護士に事件のことを相談していただけます。
逮捕されている事案では、弁護士が警察署まで接見(面会)に向かう、初回接見サービスも行っております。
器物損壊罪不起訴にしてほしいという方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
(愛知県警中村警察署 初回接見費用:3万3100円)