【お客様の声】愛知県で大麻取締法違反事件(逮捕) 勾留7日目での釈放及び不起訴獲得に奔走する弁護士

2016-07-22

【お客様の声】愛知県で大麻取締法違反事件(逮捕) 勾留7日目での釈放及び不起訴獲得に奔走する弁護士

■事件概要
 依頼者の息子(30代,前科なし,会社員)が,大麻草を所持していた大麻取締法違反事件。被疑者は仕事をしていることから,前科が付くことや長期の身柄拘束による仕事への悪影響が心配されました。

■事件経過と弁護活動
 息子が逮捕されたことを知った父親(依頼者)から,当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼がありました。そこで,当事務所の弁護士が,直ちに警察署に赴き被疑者である息子と接見いたしました。その上で,刑事手続きの流れや取調べ対応をアドバイスすることで身柄拘束されている被疑者の不安を少しでも取り除くよう努めました。また,接見の結果やこれからの流れを依頼者にも報告することにより,依頼者の不安を少しでも取り除くよう努めました。また,依頼者の息子から詳しく事情を聴くと所持していた大麻が微量であり,今回が全くの初犯であったこと等依頼者にとって有利な事情が確認されました。
 そこで依頼を受けた弁護士は,身柄拘束が長期化しないように取調べ対応をアドバイスするとともに,検察官に対しては上記有利な事情及び家族による監督体制が整っており依頼者の息子には恵まれた社会資源があることなどを主張することで,不起訴処分とすべきであると訴えました。
 このような刑事弁護活動の結果,依頼者の息子は勾留満期となる前に釈放されるとともに,事件については前科が付くのない不起訴処分となることで,無事に事件を解決することができました。

102125(A父)