愛知県常滑市の食い逃げ事件(詐欺事件) 不起訴処分を獲得する弁護士

2016-11-18

愛知県常滑市の食い逃げ事件(詐欺事件) 不起訴処分を獲得する弁護士

Aさんは愛知県常滑市のとある飲食店で、代金を支払う意思がないにもかかわらず、料理を注文しました。
その際、Aは支払わず逃亡しようとしていることがばれないように、普通の客と変わらない立ち振る舞いをしていました。
そして、Aさんは、店主Vの目を盗み、代金を支払わず逃げました(食い逃げ)。
もっとも、後日、Vから被害届をうけた愛知県警常滑警察署により、Aさんは詐欺罪で逮捕されました。
Aさんはほかにも様々な店舗で食い逃げをしていたとのことです。
これを知ったAさんの母親は愛知県内で刑事事件に強いと評判の法律事務所の弁護士に無料法律相談に行きました。
(フィクションです。)

食い逃げは何の罪?~
上記例のように、代金を支払う意思がないにもかかわらず、料理を注文・飲食した後、代金を支払わず逃走した場合(食い逃げ)詐欺罪が成立する可能性があります。

窃盗罪は相手方の意思に反して財物を「奪い取る」犯罪です。
一方で、詐欺罪は相手方の意思には反していません。
相手方の誤解(錯誤)を利用して、財物を「交付」させて、その財物を得た場合に成立する犯罪です。
ですから、食い逃げの事案などでは、詐欺罪が成立します。

なお、詐欺罪の法定刑は10年以下の懲役で、罰金刑がありません。

不起訴処分の獲得~
上記のように食い逃げ詐欺事件として扱われます。
ですので実刑判決が下れば懲役刑となってしまいます。
そのような事態を避けるためには、不起訴処分となる必要があります。
上記の例では、食い逃げして踏み倒した代金をしっかり支払い、店主に謝罪する(謝罪文を作成する)ことで示談を締結することができれば、不起訴になる可能性が高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では刑事事件を専門に取り扱っている弁護士が多数在籍しています。
愛知県内の食い逃げ事件で逮捕された方は、ぜひ当事務所にお問い合わせください。
無料法律相談、初回接見サービス等も行っております。
愛知県警察常滑警察署への初回接見費用:3万8400円)