愛知県半田市で大麻取締法違反事件 取調べに強い弁護士

2016-03-13

愛知県半田市で大麻取締法違反事件で逮捕 取調べに強い弁護士

Aは,自宅で大麻を所持,使用していたとして,愛知県警察半田警察署の警察官により逮捕された。
その後,Aは勾留され,長期間の取調べを受けることとなった。
Aは,自分が大麻を売人から購入し,使用していたことは素直に認め,反省していた。
しかし,取調官の追及は,厳しさを増してきた。
Aは,取調官は不当に重い罪を自分に着せようとしているのではないかと思い始めた。
そこで,Aは取調官に対して「これ以上無駄な追及はやめてくれ」と頼んだが,取り付く島もなかった。
Aは,このままでは自分は罪を認めているにもかかわらず,不当に重く処罰されるのではないかと心配し,弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

~取調べの対応方法~

この場合,Aの取り得る手段の一つとして想定されるのが,黙秘権の行使です。
黙秘権とは,被疑者が取調べ等で不利益を被らないために,終始沈黙をすることが認められた権利をいいます。
黙秘権を行使することによって,捜査機関に対し正確な調書を作成させる圧力が生じる等のメリットが考えられます。
Aは,今まさに厳しく追及されているところですから,これを避け,正確な調書を作成させるために黙秘権を行使するメリットが妥当します。

他方,黙秘権を行使することによって,被害者の処罰感情が悪化したり,本来は起訴猶予などで済む事件も悔悛の情がないとして起訴されうる等のデメリットが考えられます。
しかし,通常薬物犯罪は被害者のない犯罪ですし,また,Aは自分の罪を素直に認め,反省しているので悔悛の情がないとはいえません。
黙秘をすることなくいつまでも受け身のままで取調べを受けていては,そのうち誘導的に矛盾追及に屈しかねません。
そこで,弁護士に相談し,戦略を立てるべきです。
(厳選 刑事事件弁護士ナビの内容を参考にしました。)

あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は刑事事件専門であり,黙秘権行使のための弁護活動も多数承っております。
捜査官の取調べによって,このままでは自分に不利益な方向で供述をしてしまいそうとお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察半田警察署への初回接見費用:3万8500円)