愛知県で覚せい剤使用事件で執行猶予の獲得 再犯の防止に努める弁護士

2016-08-09

愛知県で覚せい剤使用事件で執行猶予の獲得 再犯の防止に努める弁護士

Aは,興味本位から自宅にて覚せい剤を使用した。
その後,Aは愛知県瑞穂警察署により覚せい剤使用の容疑で逮捕されるに至った。
(フィクションです。)

~覚せい剤使用における再犯防止の重要性~

覚せい剤取締法違反の弁護活動において,覚せい剤使用の事実に争いがない場合は,犯行を素直に認め反省していることを示すことが重要となります。
被告人が反省していることをしっかりと示すためには,単に反省している旨を述べるだけではなく,あらゆる対策をとり,再犯の危険がないことを主張していかなければ説得力に欠けます。
例えば,薬物犯罪は,自分の力だけで再犯を防ぐことが困難ですから,薬物との関係を断つために周りの協力を得られる環境づくりができていることを裁判で示すことが重要です。
また,薬物に対する依存性・常習性がなく,本人の努力と周りの協力で十分に更生できることを主張することも,減刑や執行猶予獲得のためには大切です。
いことを裁判官に量刑を軽くしてもらえるような弁護活動を行っていきます。

薬物犯罪は,再犯率が高い犯罪としてよく知られております。
ただし,本人が反省を示しており,再犯の可能性も低いと裁判官が判断した場合には,初犯であれば,執行猶予が付く可能性が高いです。
そのような点で,再犯防止の環境づくりをすることは非常に重要となってきます。
また,実際に再犯を防ぐためにも,当然,環境づくりは重要です。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,薬物犯罪についての再犯防止活動も多数承っております。
具体的には,薬物離脱のための更生プログラムの準備,身元引受の確保,日常生活を監督する者の確保等の活動を行ってまいりました。
薬物事件についてお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警瑞穂警察署の初回接見費用:3万6200円)