愛知県の刑事事件 自動車運転処罰法事件で示談に強い弁護士

2015-09-10

愛知県の刑事事件 自動車運転処罰法事件で示談に強い弁護士

愛知県小牧市在住のAさんは愛知県警小牧警察署自動車運転処罰法の容疑で逮捕されました。
同署によると、交差点で軽自動車を運転中に高齢女性Vさんをはね、そのまま走り去った疑いが持たれています。
Vさんは意識不明の重体です。
そこでAさんは示談につよい刑事事件専門弁護士に依頼することにしました。

平成27年6月9日の産経新聞記事を基に作成しました。
ただし、地名・警察署名は変えてあります。

~事件のことを秘密にするには~

刑事事件になった場合には、懲役刑や罰金刑等の刑罰を科される可能性があります。
人身事故を起こし、自動車運転処罰法違反の罪に問われた場合は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処せられます。
しかし、事件のことが勤務先や学校等に知られた時には、それだけにとどまらないかもしれません。

例えば、解雇や退学などの懲戒処分を受けることがあります。
特に逮捕・勾留されてしまった場合に注意が必要です。
なぜなら、最高で23日間も身柄が拘束されてしまうからです。
これほど長期にわたって会社や学校を休めば、不審に思うのも当然でしょう。
その結果、勤務先や学校に事件が伝わる危険性が高まることになります。

これを防ぐには一刻も早く釈放してもらうことが必要になります。
そのためには、被害者との示談は成立しているかという点が重要なポイントです。
示談成立後すぐに釈放されるということもあります。

自動車運転処罰法違反事件でも示談を進めるには、刑事事件に精通した弁護士に依頼することが不可欠です。
逮捕されたらすぐに、評判のいい、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警小牧警察署 初回接見費用:39600円)