愛知県の刑事事件 起訴猶予を狙う評判のいい弁護士

2015-09-16

愛知県の刑事事件 起訴猶予を狙う評判のいい弁護士

愛知県春日井市在住の調教師Aさんは、愛知県警港警察署競馬法違反禁止薬物使用で逮捕され、名古屋地方検察庁に送検されました。
Aさんは名古屋市港区の名古屋競馬場で、禁止薬物であるプロカインを競走馬に注射した疑いが持たれていました。
しかし名古屋地方検察庁は、Aさんを起訴猶予にしました。
理由は、禁止薬物自体を注射しておらず、違法性はあるが悪質ではないためと説明しています。

平成20年7月5日共同通信の配信記事を基に作成しました。
但し地名、警察署名等は変えてあります。

~起訴猶予とは~

今回は不起訴処分のうち、起訴猶予による不起訴処分について説明します。
起訴猶予とは、犯罪の疑いが十分にあり、刑事裁判で有罪を立証することも可能だが、特別な事情に配慮してなされる不起訴処分をいいます。
つまりこの起訴猶予は、比較的軽い犯罪で、犯人が深く反省していたり、示談等により被害者の処罰感情が和らいでいる場合に認められるものです。
刑事事件のうち6割程度が起訴猶予になりますので、弁護士としては積極的に起訴猶予を実現するために活動します。

~起訴猶予を獲得するために~

一般的に、起訴猶予を獲得するためには、被疑者が犯行を認めた上で、被害者との示談交渉等を行っておく必要があります。
また二度と刑事事件を起こさないとの強い意思表示も要求されます。
このような活動を被疑者本人やご家族の方が個人的に行うことは、非常に難しく、手間も掛ります。
私どもあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、起訴猶予の獲得を得意としています。

競馬法違反等の刑事事件で、送検されお困りの方や、そのご家族の方は、是非ともあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に相談してください。
初回相談は無料となっています。
(愛知県警港警察署の初回接見費用:36900円)