<愛知県で刑事事件> 免許証偽造で逮捕 名古屋で評判のいい弁護士

2016-10-08

<愛知県で刑事事件> 免許証偽造で逮捕 名古屋で評判のいい弁護士

Aは、運転免許の更新を怠った結果、免許が失効しました。
そこで、Aは、免許証を偽造して携帯していました。
しかし、自動車検問の際に偽造免許証を提示した結果、免許証が偽造であることが発覚しました。
その結果、Aは愛知県警中警察署有印公文書偽造罪及び偽造公文書行使罪逮捕されてしましました。
Aのことが心配になったご家族は、東海地方で刑事事件に強いと評判の弁護士事務所に相談にきました。
(フィクションです)

~免許偽造の罪について~

運転免許証を偽造した場合、有印公文書偽造罪という犯罪になります。
有印公文書偽造罪の法定刑は、1年以上10年以下の懲役となります。
また、偽造した公文書を行使した場合には、偽造公文書行使罪にあたります。
偽造公文書行使罪の法定刑もまた、1年以上10年以下の懲役となります。

なお、偽造公文書行使罪は、偽造運転免許証を提示した時に成立するものと考えられています。
したがって、偽造運転免許証を携帯するのみでは「行使」に当たりません。
運転免許証の偽造自体犯罪ですが、それを提示してさらなる罪を重ねないようにしましょう。

あいち刑事事件総合法律事務所では、無免許運転や運転免許証の偽造事件についてのご相談も随時承っております。
交通事故・交通違反事件をはじめとする刑事事件専門の弁護士が尽力いたします。
なお、逮捕・勾留されている場合は、初回接見サービスがおすすめです。
(初回接見費用:3万5500円(愛知県警中警察署))
運転免許証の偽造でお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。