<愛知県で刑事事件>無免許運転で逮捕 交通違反に強い弁護士

2016-09-21

<愛知県で刑事事件>無免許運転で逮捕 交通違反に強い弁護士

Aさんは愛知県内において、運転免許を有していないのも関わらず、自動車を運転していました。
交通検問の際に、Aさんの無免許運転の事実が発覚し、Aさんは愛知県警中川警察署逮捕されてしまいました。
心配になったAさんの奥さんは愛知県で刑事事件に強いと噂の弁護士事務所に相談に行くことにしました。
<フィクションです>

~無免許運転について~

無免許運転とは、運転免許を受けないで自動車又は原動機付自転車を運転することで、道路交通法違反となります。
運転免許を取得したことがない場合はもちろん、運転免許の停止中や失効後、免許証の有効期間が切れた後に運転した場合なども無免許運転に該当します。
なお、無免許運転ではなく免許条件違反となるケースにご注意ください。
オートマチック車限定免許でマニュアル車を運転するなど当該種類の車両を運転するのに必要な免許は持っているものの、運転免許証の条件欄に記載されている免許条件に違反した場合です。

~無免許運転の弁護活動~

無免許運転については、初犯であっても、無免許運転の期間の長さによっては正式裁判になる可能性も否定できません。
また、無免許運転の前科がありながら無免許運転を繰り返している人や執行猶予期間中に無免許運転をした人は、実刑判決によって刑務所に収容される可能性が出てきます。
弁護士であれば、起訴猶予による不起訴処分(前科はつきません)又は略式裁判による罰金処分(正式裁判は行われません)になるように弁護活動を行うことができます。
具体的には、違反行為の態様、経緯や動機、回数や頻度、交通違反歴などを慎重に検討して、警察や検察などの捜査機関に対して酌むべき事情を主張していきます。
また、無免許運転の再発防止のための具体的な取り組みや環境作りが出来ていることを客観的な証拠に基づいて主張していきます。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士刑事事件専門としていますが、交通違反などの弁護活動も多数承っております。
無免許運転事件の法律相談は、交通違反に関する相談の中でも1、2を争う件数となっています。
刑事事件に強い弁護士をお探しならあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にお任せください。
(愛知県警中川警察署の初回接見費用:3万5500円)