<愛知県で刑事事件>名古屋市で公然わいせつで在宅事件 相談者の不安を取り除く弁護士

2016-11-13

<愛知県で刑事事件>名古屋市で公然わいせつで在宅事件 相談者の不安を取り除く弁護士

Aさんは,仕事のストレスから,名古屋市内の路上において,自身の陰茎を露出する行為を行ってしまいました。
その後、通行人の通報によって駆け付けた愛知県警名東警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
Aは,本件事件について,事情を聴きたいと警察署から呼び出しを受けていたため,今後どうなってしまうのかを心配されて,当事務所の無料法律相談に来所されました。
<フィクションです>

~暴行罪と傷害罪について~

暴行罪は、暴行を加えたが傷害(けが)が生じなかった時に成立し、暴行を加えて傷害(けが)が生じた時には、傷害罪が成立します。傷害罪になるのは、力の行使によって傷害(生理機能の障害)を負わせた時に限られます。
傷害という結果が生じたか否かが、暴行罪傷害罪の分かれ目です。

暴行罪は、「2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する」と定められているのに対し、傷害罪は、「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」と定められています。

~無料相談~

上記の例では,Aは,今後どうなってしまうのかを心配されて,当事務所の無料法律相談に来所されています。
来所される相談者の方は、今後の刑事事件の手続きに不安を感じている方がほとんどです。
弁護士としては、今後の流れや取調べ対応などにつき丁寧にアドバイスをすることにより,不安を払拭されるように努めます。

暴行事件でお困りの方は刑事事件を専門に扱っている、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士ご相談ください。
刑罰を軽くする弁護活動は、専門的な知識や豊富な経験を要するものです。
少しでも不安に思ったら、弊所の弁護士にお任せください。
<愛知県警察名東警察署への初回接見費用:3万7100円>