<愛知県で刑事事件> 執行猶予中に無免許運転で逮捕 再度の執行猶予獲得に奔走する弁護士

2016-10-16

<愛知県で刑事事件> 執行猶予中に無免許運転で逮捕 再度の執行猶予獲得に奔走する弁護士

Aさんは、無免許であるにも関わらず、自動車で愛知県安城市の道路を走行していました。
そして、交通検問を行っていた愛知県警安城警察署によって、「道路交通法違反無免許運転)」で逮捕されてしまいました。
また、Aさんは過去にも無免許運転前科があり、今回の無免許運転執行猶予中に行ったものであることが発覚いたしました。
Aさんの家族は、Aさんが執行猶予判決を受けることはできないかと刑事事件に強いと噂の弁護士事務所に無料法律相談にやってきました。
(フィクションです)

~執行猶予とは~

執行猶予とは、罪を犯して判決で刑を言い渡された者が、定められた一定の期間(執行猶予期間)中に刑事事件を起こさずに済めば、その刑の言い渡しが将来にわたり効力を失うという制度です。
例えば、「懲役2年執行猶予3年」の判決を下されたとします。
この場合、3年間は懲役刑(懲役2年)の執行が猶予されます。
そして、再び犯罪を行うことなく猶予期間(3年間)を経過すれば、言い渡された刑罰(懲役2年)を受ける必要はなくなります。
したがって、執行猶予が付くかどうかは、刑務所に入るかどうかという非常に大きな分かれ目となります。

再犯において執行猶予を獲得することは容易なことではありません。
そこで、弁護士が被告人に有利な事情を裁判官に主張していくことが重要となります。
具体的には、被害者との交渉や再犯の恐れがないことを主張して行きます。
また、社会内で更生することが可能にする環境づくりも行います。

あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に関する豊富な弁護実績に裏付けられた万全のサポートが強みです。
これまでも、多くの刑事事件執行猶予を獲得しております。

弊所では、初回は無料相談で、弁護士に事件のことを相談していただけます。
また、逮捕されている事案では、弁護士が警察署まで接見(面会)に向かう、初回接見サービスも行っております。

刑事事件でお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
(愛知県警安城警察署の初回接見 4万320円)