愛知県の公務執行妨害事件で逮捕 執行猶予を狙う弁護士

2015-10-22

愛知県の公務執行妨害事件で逮捕 執行猶予を狙う弁護士

名古屋地方検察庁は、愛知県警中川警察署の警察官の公務を妨害したとして、市内在住のAさんを起訴しました。
安保法制反対デモに参加していたAさんは、警備にあたっていた愛知県警中川警察署の警察官を引き倒し、負傷させたため、公務執行妨害罪で逮捕されていました。
翌日、リベラル系の地方新聞社は社説で、名古屋地方裁判所や名古屋地方検察庁に対して、不当な刑事裁判であるとの抗議文を送るように読者に呼びかけました。

数日後、とある裁判官から、その地方新聞社宛に投書があり、そこには、
「裁判官は、法と良心にのみ拘束され、例え数万通の抗議文が届いても判断に影響はないので、送付するのはおやめいただきたい」
とありました。

この事件は、フィクションです。

~刑罰を軽くしてもらうために~

無罪判決であれば、言うことはありませんが、懲役刑等であれば、執行猶予の有無により天と地ほどの違いがあります。
弁護士は、刑事裁判において無実を証明し無罪を求めるだけではなく、執行猶予の獲得も狙うことになります。

公務執行妨害罪などの刑事裁判において、執行猶予を獲得するためには、例えば
・犯行態様が悪質ではなく、被害が軽微である。
・示談が成立し、被害者に謝罪し反省している。
・更生の意思と具体的な再発防止策がある。
・実刑判決になったら家族等周囲の者に重大な悪影響がある。
・常習性や再犯可能性がない。
のような被告人に有利な事情を主張・立証する必要があります。
特に示談交渉や、損害賠償等は有効な手段であり、速やかにまとめ上げることができるのは、弁護士になります。

刑事裁判を戦って執行猶予を狙うならば、刑事裁判に強い弁護士事務所に相談するのが一番です。
そこで公務執行妨害罪で起訴されてお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所評判のいい弁護士にご相談ください。
執行猶予を獲得のための経験が蓄積されています。
(愛知県警中川警察署の初回接見費用:35000円)