愛知県の往来危険事件で逮捕 保釈の弁護士

2015-03-02

愛知県の往来危険事件で逮捕 保釈の弁護士

愛知県安城市在住20代男性無職Aさんは、愛知県警安城警察署により往来危険の容疑で現行犯逮捕されました。
同署によると、Aさんが安城市のJR東海道本線の線路上に石を置いていたところ、待ち伏せていたJR職員に逮捕されたようです。
近頃、走行中の回送列車が異常音で緊急停止するというトラブルが多発していたため、JR職員が警備にあたっていたようです。

今回の事件は、フィクションです。

~往来危険罪とは~

列車往来危険とは、列車の脱線・転覆・衝突等が生じるおそれのある状態にしたときに成立する犯罪です。
法定刑は、2年以上の有期懲役となります(刑法125条1項)。
もし、重大な結果が発生してしまった場合は、さらに重い刑罰が科せられます(刑法126条)。

~往来の危険とは~

往来危険罪(刑法125条1項)の条文には、
「鉄道若しくはその標識を損壊し、又はその他の方法により、汽車又は電車の往来の危険を生じさせた者は、2年以上の有期懲役に処する。」とあります。

「往来の危険」とは、汽車又は電車の脱線・転覆・衝突・破壊など、これらの交通機関の往来に危険な結果を生ずるおそれのある状態をいいます。
単に交通の妨害を生じさせただけでは足りませんが、上記脱線等の実害の発生が必然的ないし蓋然的であることまで必要とするものではありません。
上記実害の発生する可能性があれば足りるとされています。
(最高裁昭和27年(あ)第43号同35年2月18日第一小法廷判決・刑集14巻2号138頁,最高裁昭和33年(あ)第2268号同36年12月1日第二小法廷判決・刑集15巻11号1807頁参照)

似た事案として、地下鉄の軌道(レール)上に鉄製のごみ箱を投げ込む行為について電車の脱線の危険性を認めて往来危険罪の成立を認めました。
(東京高等裁判所昭和62年(う)第643号東京高等裁判所昭和62年7月28日判決)

往来危険事件で逮捕・勾留されている場合、保釈制度を利用した身柄解放が可能かもしれません。
往来危険事件でお困りの方は、保釈を得意とする愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にお任せください。
なお、愛知県警安城警察署に逮捕されている場合、初回接見費用は7万3800円です