愛知県の殺人未遂事件 釈放を獲得できる弁護士

2015-10-18

愛知県の殺人未遂事件 釈放を獲得できる弁護士

愛知県名古屋市中川区内のマンションで通報があり、愛知県警中川警察署は現場にいたAさんを殺人未遂容疑で緊急逮捕しました。
愛知県警中川警察署の警察官が駆け付けると、部屋の中で、20代位の女性が首から血を流して倒れていました。
女性はその後搬送先の病院で、死亡が確認されました。
愛知県警中川警察署では、近く容疑を殺人に切り替えて取調べを進める予定とのことです。

平成27年7月11日朝日新聞記事を基に作成しました。
但し、地名・警察署名等は変えてあります。

~緊急逮捕とは~

逮捕には、通常逮捕、緊急逮捕及び現行犯逮捕の3種類があります。
そのうち緊急逮捕とは、
・強盗や殺人などの重大犯罪を犯したと疑うに足りる充分な理由があって
・急速を要するため逮捕状を得る時間的余裕がない場合に
逮捕状なくして行う身柄拘束のことを言います。

ただし、本来身柄を拘束するには、逮捕状が必要です。
そのたま、緊急逮捕後には、それが正しかったのかどうかチェックするために、逮捕した警察官や検察官は事後的に逮捕状を請求します。
裁判所が、緊急逮捕の理由がないと判断すれば釈放されます。

~釈放される場合とは~

逮捕後は、警察署にて取調べが始まりますが、釈放されるとするとどのような場合でしょうか。
過去のケースでは、
・逮捕状の請求年月日が間違っているとき
・容疑を認めており、捜査の継続に身柄拘束の必要性がないとき
・警察署間の移送に時間がかかり緊急性がなくなったとき
等があります。
いずれにしても被疑者の方が独自に緊急逮捕の適法性について申立てることは至難の業です。
まずは釈放に強い弁護士を呼びましょう。

被疑者の方は、逮捕直後から、厳しい取調べを受け、精神的にも肉体的にも追い込まれていると思われます。
また、法律知識が乏しい場合、取調べ段階から法的にも不利な状態に追い込まれていると言えます。
逮捕される可能性がある方は、刑事事件・少年事件を扱うあいち刑事事件総合法律事務所弁護士に相談してみてください。
なお、弊所は初回法律相談を無料で受けられる弁護士事務所です。
(愛知県警中川警察署の初回接見費用:35000円)