愛知県の窃盗事件 被害者対応に精通した弁護士

2015-10-10

愛知県の窃盗事件 被害者対応に精通した弁護士

愛知県中川区にあるコンビニエンスストアでアルバイトをするAさんは、以前から自分一人になる時を見計らいレジから金銭を盗み取っていました。
総額で数十万円に上ります。
しかし先日店長に見つかってしまい、愛知県警中川警察署に被害届を提出されてしまいました。
被害届の提出を受けた愛知県警中川警察署は、窃盗罪の容疑者としてAさんを捜査し始めました。
逮捕を恐れるAさんは両親と相談し、弁護士示談交渉を任せることにしました。

本事件はフィクションです。

~示談とは~

示談とは、被害者に対して相応の金銭を支払った上で、当事者間で事件を解決するという内容の合意をすることです。
示談をすれば、被害者が加害者を許しているということを示すことができます。
そのため起訴前や被害届提出前の段階であれば、不起訴処分や事件化を防ぐことにつながりやすくなります。

~示談と不起訴の関係~

示談をすれば必ず不起訴になるわけではありませんが、その可能性は高くなります。
そのため、弁護士は被害者との示談交渉を進めることになります。
また、検察官も示談がうまく纏まるのであれば、不起訴とする等の方針を示すことがあります。

被害者との示談交渉は、弁護士を入れて行うのが通常です。
弁護士に依頼すれば、法律知識に基づいて安全かつ確実に示談を成立させることができます。
弁護士には守秘義務が課せられるので、被害者の個人情報も慎重に扱えます。

示談交渉に優れたあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に依頼することで、加害者・被害者が互いに納得できる示談を成立させることができます。
窃盗罪で被害届を提出され、お困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に示談交渉を任せてください。
(愛知県警中川警察署の初回接見費用:35000円)