愛知県の窃盗事件 刑事事件に精通した弁護士

2015-09-19

愛知県の窃盗事件 刑事事件に精通した弁護士

愛知県警中川警察署は弥富市在住の公立学校教諭Aさんを窃盗の容疑で現行犯逮捕しました。
愛知県警中川警察署によれば、Aさんは、弥富市内のディスカウント店で、菓子類等数点を万引きしたとしています。
Aさんは、近く名古屋地方検察庁に書類送検される予定です。
しかし翌日の地方紙により、Aさんの実名が報道されました。

本事例はフィクションです。

~事件が報道・公表されてしまうとどうなるか~

一度事件が新聞やテレビで報道されてしまうと、勤務先や近所に刑事事件のことを知られてしまう可能性が高くなります。
その反響によっては、社内処分だけでなく、自主退職に追い込まれることもあります。
軽微な窃盗事件であっても、後日深刻な影響をもたらすかもしれません。
また常に正しい内容で報道されているとも限りません。

~どのように対応すべきか~

窃盗事件でお困りの場合、弁護士に相談すれば、以下のような弁護活動が可能です。
事件が公になっていない場合、速やかに刑事事件報道・公表を避けるように警察や検察に働きかけます。
また早期に事件の沈静化を図るために、被害者との示談も進めます。
更に、事実と異なる内容の報道に対しては、速やかに報道内容の訂正・削除を求めます。
窃盗事件の場合も、このような機敏な活動を行う必要があります。

窃盗事件で逮捕され、実名報道にお困りの方は、すぐに刑事事件を専門に扱うあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に相談してください。
初回相談は無料になっています。
(愛知県警中川警察署 初回接見費用35000円)