【お客様の声】愛知県でストーカー規制法違反事件(逮捕) 低額罰金刑獲得の弁護士

2017-06-15

【お客様の声】愛知県でストーカー規制法違反事件(逮捕) 低額罰金刑獲得の弁護士

■事件概要
 依頼者の息子(40代男性、前科なし)が、被害女性に対する好意の感情を充足する目的で、4回にわたり、出勤途中の被害者後方に近距離を保ちながら追随するなどして同人の身辺につきまとうストーカー規制法違反事件。

■事件経過と弁護活動
  息子が逮捕されたことを知った父親(依頼者)から、当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼がありました。
  そこで、当事務所の弁護士が、直ちに警察署に赴き被疑者である息子と接見いたしました。
  その上で、刑事手続きの流れや取調べ対応をアドバイスすることで身柄拘束されている被疑者の不安を少しでも取り除くよう努めました。
  また、接見の結果やこれからの流れを依頼者に報告することにより、依頼者の不安を少しでも取り除くよう努めました。
  また、依頼者は、懲役の実刑判決を受けて刑務所に収監されることによる仕事への悪影響を強く心配されておりました。
  そこで、依頼を受けた弁護士は、真摯に反省している依頼者に謝罪文についての指導を行ったうえで、被害女性への謝罪と弁償による示談交渉を提案させていただきました。
  また、本件については、奥様にも把握していただき、奥様による監督を実施してもらうことで、再犯防止に努めている環境づくりを行いました。
  そのうえで、担当弁護士は、検察官に対して、監督することのできる家族がいる環境などを訴え、低額の罰金刑の処分を求めました。
  このような弁護活動の結果、依頼者の真摯な反省と、ご家族の方による監督が重視され、略式裁判による低額の罰金刑で終了しました。