<愛知県で刑事事件> 万引きで逮捕 不起訴獲得・再犯防止を目指す弁護士

2016-10-02

<愛知県で刑事事件> 万引きで逮捕 不起訴獲得・再犯防止を目指す弁護士

愛知県岡崎市に住むAは、家の近くのコンビニVで商品数点を万引きしてしまいました。
その場で、Aの万引きが発覚し、Aは愛知県警岡崎警察署逮捕されてしまいました。
逮捕のことを知ったAのご家族は、愛知県で刑事事件に強いと評判の弁護士事務所に相談に来ました。
<フィクションです。>

~万引きおよび弁護活動について~

万引き行為は、窃盗罪にあたります。
窃盗罪の法定刑は、10年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

窃盗を犯してしまったとしても,盗んだお金や物がわずかで,過去に同様の前科がない場合,示談の成立により不起訴処分を獲得できることも珍しくありません。
そのためにも,弁護人を通じて盗んだお金や物を被害者に弁償し,謝罪の意思を伝えるなど,示談成立に向けて早期に活動していくことが重要になってきます。

また、処分が軽いということで罪の認識が薄れ、再犯や犯行を繰り返してしまいことが多いのも万引きの特徴です。
窃盗を行なう行為に衝動を駆られ窃盗を繰り返してしまうクレプトマニアという症状もあります。
万引きとはいえ、窃盗罪である以上は、再犯を繰り返してしまうと懲役刑が下される可能性もあります。
そこで、再犯防止環境の調整を行うことが重要です。
あいち刑事事件総合法律事務所では、再犯防止のための環境づくりを行うといった弁護活動も行っています。

万引きのことでお困りの方は、当事務所にご相談ください。
(愛知県警守山警察署の初回接見費用:3万9700円)