愛知県警中川警察署が捜査 銃刀法違反で評判のいい弁護士

2015-10-05

愛知県警中川警察署が捜査 銃刀法違反で評判のいい弁護士

刑事事件とは、犯罪行為を行ったと疑われる者(被疑者・被告人)の刑事責任(刑罰を受ける法的責任)が問題となる事件のことを言います。
そして、被疑者や被告人の刑事責任を判断するためのルールを定めた法律を「刑法」と言います。
ここでいう刑法に含まれるのは、いわゆる「刑法」という名前の法律だけではありません。
犯罪と刑罰について定めている法律は、全てここで言う「刑法」にあたります。
ここまでの説明ではよくわからないでしょうから、刑法という名前ではないものの刑法に分類される法律の例を挙げてみましょう。

無料法律相談の件数が多いものとしては、
銃刀法
・風営法、風適法
商標法
などがあります。
以下では、銃刀法商標法の処罰規定を見てみましょう。

~銃刀法第22条~

銃刀法第22条では、刃物の所持について、
・業務その他正当な理由による場合を除いては
・刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。
と規定しています。
同条に違反した場合、2年以下の懲役または30万円以下の罰金に処されます。

~商標法第78条~

商標法78条は、偽ブランド品の販売などを処罰する規定です。
同条に違反する場合、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはその両方が科されます。

世の中には様々な人の利益を守るために様々な法律が存在しています。
「そんな法律知らない」ということも少なくないでしょう。
しかし、法律が実際に存在している以上、「知らない」では済みません。
ご自分の行為が犯罪になるのではないかと不安になったら、ぜひ刑事事件専門弁護士事務所にご相談ください。

あいち刑事事件総合法律事務所では、銃刀法商標法など特別刑法犯に関する法律相談にも対応できます。
なぜなら、刑事事件専門弁護士事務所だからです。
銃刀法違反でお困りの方は、24時間予約受付可能な無料法律相談をぜひご利用ください。
刑事事件専門弁護士が、真摯に対応いたします。
ご家族の方のご相談も承ります。
(愛知県警中川警察署の初回接見費用:3万5000円)