愛知県警中村警察署の公務執行妨害事件 前科をつけないための弁護士

2015-09-29

愛知県警中村警察署の公務執行妨害事件 前科をつけないための弁護士

Aは名古屋市中村区名駅の路上で、駐車違反の取締をしていた警官に対してその制服を引っ張るなどの暴行を加えました。
Aは、職務の執行を妨害したとして、愛知県警中村警察署の警察官に公務執行妨害罪で逮捕されてしまいました。
学生だったAの将来を心配した家族は、刑事事件に強い弁護士の無料法律相談を受けることにしました。
(これはフィクションです。)

~公務執行妨害罪~

公務執行妨害罪は、公務員が職務を執行するにあたり、公務員に対して暴行または脅迫を加える犯罪です。
3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処されます。

懲役刑や禁錮刑、罰金刑などを受けてしまうと、将来の就職活動等に多大な影響を及ぼします。
また仕事に就いている方は、その仕事を辞めなければならないかもしれません。
これはいわゆる「前科」が付くことによる影響です。
前科が付くことによる不利益は、弁護士に相談すれば回避できる可能性があります。

~公務執行妨害の事例~

公務員だけでなく、取り締り業務を行っている「駐車監視員」に暴力をふるった場合も、公務執行妨害になります。
駐車監視員は公務員と同等の扱いをうける、いわゆる「みなし公務員」にあたるからです。
警察官の胸ぐらをつかんだ場合、胸ぐらを掴むことが「暴行」に当たります。
警察官に声を張り上げて反論した場合、「脅迫」に当たります。
また、触ってきた警官の手を振り払う行為が公務執行妨害行為と認定されることがあります。

公務執行妨害事件でお困りの方は、前科阻止にも強いあいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談をすみやかにご利用ください。
刑事事件に精通した弁護士が、真摯にお話を伺い前科をつけない為にはどうすればよいか、適切なアドバイスをいたします。
土日祝日関係なく受付しております。
(愛知県警中村警察署の初回接見費用:3万3100円)