愛知県警中村警察署の恐喝事件 身柄解放で評判のいい弁護士

2015-09-17

愛知県警中村警察署の恐喝事件 身柄解放で評判のいい弁護士

Aは名古屋市内の路上で、男性に対し「殴るぞ。」などと脅し、現金を要求しました。
さらに自宅まで行き、「金を用意しとけ。」などと言って現金を要求したため、その男性が愛知県警中村警察署に通報し、Aは逮捕されてしまいました。
罪名は、恐喝罪です。
(これはフィクションです)

~恐喝事件~

恐喝罪(刑法249条)とは、人を恐喝して財物を交付させ、あるいは、財産上不法の利益を得たり、他人にこれを得させたりする罪です。
相手を怖がらせてお金などを要求すると恐喝罪になります。
恐喝罪は、未遂も処罰されます。

~身柄解放に向けて~

恐喝罪逮捕されてしまったら、身柄解放に向けてすぐに動き出す必要があります。
刑事事件専門の弁護士に相談し、被害者に謝意を伝え示談してもらうことが重要です。
示談が成立すれば、Aは身柄解放される可能性が高まります。

あいち刑事事件総合法律事務所は、名古屋駅徒歩5分の刑事事件・少年事件専門の法律事務所です。
ご家族が恐喝事件逮捕されてしまった場合は、すみやかに弊所へお電話ください。
刑事事件の専門家である弁護士のアドバイスで道が開けることがあります。
お電話は24時間受付けております。
評判のいい弁護士による無料法律相談は土日祝日も22時まで承ります。
緊急の場合はご相談ください。
(愛知県警中村警察署の初回接見費用:3万3100円)