愛知県警瀬戸警察署の談合事件 無料法律相談で評判のいい弁護士

2015-09-21

愛知県警瀬戸警察署の談合事件 無料法律相談で評判のいい弁護士

~名古屋地方裁判所の談合被告事件の判例をご紹介します~

愛知県で発生した談合事件の第一審判決です。
あいち刑事事件総合法律事務所では、以下にご紹介するような談合事件に関する無料法律相談も受け付けております。
刑事事件専門の評判のいい弁護士にぜひご相談下さい。

〈事案〉
大手建設会社の営業部長であった被告人Aは部長Bらと共謀の上、以下の行為を行った。
愛知県瀬戸市役所発注の建設工事に関する郵便公募型指名競争入札において、同市内の土木建設業者等が有利な価格で落札することができるよう入札参加業者間で談合することを企てた。
そして、他の会社より高額で入札して公正な価格を害する目的で談合した。

〈判決〉
懲役2年
執行猶予3年

〈量刑の理由〉
落札は予定価格の約97%の金額でなされ、瀬戸市民あるいは名古屋市民から徴収された税金を不当に高額に支出させたもので厳しい非難に値する。
Aは、愛知県外の土木建設業者の担当者に対し、談合への協力を直接説得するなど、本件において不可欠な役割を果たしている。
Aが談合に関する絶大な権限を背景に、高額の現金及び商品券の贈与等、様々な便宜供与を業者から受けている点も到底看過し難い。

他方、
・Aが談合に手を染めた原因には、自らの積極的意思ではなく、会社業務の一環として応じざるを得なかった側面があることは否定できないこと
・Aは反省の態度を示していること
・前科前歴がないこと
・業者から受けた個人的利益放棄の趣旨で300万円の贖罪寄付をしたこと
・会社から解職処分を受けるなどの社会的制裁を受けたこと
・妻が出廷して今後の監督を誓約していること
そのほかAにとって酌むべき事情も認められる。
そこで、以上の事情を総合考慮し、今回に限り、刑の執行を猶予するのが相当であると判断した。

あいち刑事事件総合法律事務所は、無料法律相談可能な刑事事件・少年事件の法律事務所です。
執行猶予も数多く獲得している経験豊富な弁護士が真摯に対応いたします。
ご家族が談合事件愛知県警瀬戸警察署で逮捕されてしまった。
そのような場合は、すぐに弊所のフリーダイアル(0120-631-881)にお電話ください。
(愛知県警瀬戸警察署3万9600円)