愛知県北名古屋市の盗撮事件で逮捕 冤罪を阻止するために弁護士

2017-06-12

愛知県北名古屋市の盗撮事件で逮捕 冤罪を阻止するために弁護士

30代男性のAさんは、愛知県北名古屋市内の駅のエスカレーターにおいて、前を歩いている女子大生のスカートの中を盗撮したとして愛知県警察西枇杷島警察署の警察官に逮捕されました。
しかし、Aさんは盗撮行為をしておらず、まったく身に覚えがありません。
釈放されたものの不安がぬぐえないAさんは、盗撮事件に強い刑事事件専門の弁護士事務所に相談することにしました。

(フィクションです。)

上記のAさんの場合、愛知県北名古屋市内の駅で盗撮行為を行なったとされていることから逮捕されています。
しかし、Aさんには、身に覚えが全くないということですので、いわゆる冤罪事件です。
もしこのまま刑事裁判に至ってしまえば、Aさんは、ありもしない事実で刑事処罰を受けることになるおそれがあります。
当然、Aさんとしては、盗撮行為をしていないことを主張し、無罪を勝ち取りたいと考えるでしょう。

刑事裁判では、検察官が被告人であるAさんの盗撮行為を証明していくことになります。
一方でAさんの選任を受けた弁護士は、真犯人が存在することや、Aさんにはアリバイがあることなどを効果的に主張して、検察官の証明が成り立たないという反論を展開する必要があります。

冤罪事件の主張は容易ではありません。
たくさんの刑事弁護を経験しなければ冤罪事件の弁護は難しいものですから、冤罪を晴らしたいとお考えの方は刑事事件に強い弁護士を選任することが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所で、冤罪事件解決も数多く承ってきました。
盗撮事件で逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問い合わせください。
(愛知県警察西枇杷島警察署への初見接見費用:35,700円)