愛知県小牧市の窃盗事件で逮捕 身柄解放活動に強い弁護士

2016-12-29

愛知県小牧市の窃盗事件で逮捕 身柄解放活動に強い弁護士

Aは、愛知県小牧市内でデイサービスの仕事をする者である。
ある日、AはV宅にVの介護をするため訪問したところ、高価な宝石を見つけたため、これを自分の物にしようと盗み出した。
しかし、宝石が無くなったことを不審に思ったVの通報によりAの窃盗が判明し、Aは愛知県警察小牧警察署逮捕されることとなった。
Aが逮捕され愛知県警察小牧警察署まで連行されているところに立ち会ったAの子は、Aの釈放のため何かできないかと考えた。
そして、ただちにAの子は愛知県内において刑事事件に強いと評判の法律事務所弁護士に、身柄解放のための弁護活動を依頼することとした。

(フィクションです。)

Aは、デイサービスの訪問先で窃盗事件を起こして愛知県警察小牧警察署逮捕されています。
逮捕とは、逃亡や証拠隠滅を防ぐ目的で、被疑者の身体を警察署内の留置施設に一定の期間拘束することをいいます。
警察官に逮捕されると、被疑者は48時間以内に検察官のもとに送られます。
そして、そのあと24時間以内に検察官は、被疑者を勾留するか釈放するかを決め、勾留する場合には裁判所に対して勾留請求をすることとなります。
以上が、基本的な逮捕後の手続きになります。
そして、逮捕後の身柄解放活動としては、検察官に勾留請求しないよう掛け合ったり、裁判官に対して勾留決定しないよう意見を述べたりすること等が想定されます。
今回、Aの子が弁護士に事件の依頼をしたのはAが逮捕されてから間もない頃です。
ですので、身柄解放手段としては、Vとの間で被害弁償含む示談を締結したり、今後のAの監督の誓約をするなどして、上記の方法を行うことが考えられます。

あいち刑事事件総合法律事務所弁護士刑事事件専門であり,逮捕されてすぐの身柄解放のための弁護活動も多数承っております。
身内が逮捕されてお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察小牧警察署への初回接見費用:39,600円)