愛知県小牧市の盗撮事件でトラブル 事件化阻止のための弁護活動

2017-02-10

愛知県小牧市の盗撮事件でトラブル 事件化阻止のための弁護活動

Aは、小牧市内の繁華街にある風俗店でV女から性的サービスを受けているところを、持っていたスマートフォンで盗撮していた。
Aの盗撮行為はすぐに同風俗店にばれ、Aは店側から罰金として100万円を支払わなければ警察と会社に通報する、と言われた。
Aはこうした事態は初めてであり、どこにどう相談すればいいのか分からなかったが、相手が警察に言うぞと言っていたことから、小牧市内において刑事事件を専門に取り扱っている法律事務所の弁護士に相談をすることにした。
相談では、AはV女と店側に対して申し訳ない気持ちがあること、いくらかのお金を支払う用意はあること、会社にバラすことはやめてほしいとAが考えていることが判明した。
そこで、依頼を受けた弁護士は、Aの今回の行為について警察への通報を阻止、すなわち刑事事件化を阻止するための刑事弁護活動に取り掛かることにした。

(フィクションです。)

盗撮事件については、必ずしも警察へ通報され逮捕されたりするといった場合に限らず、通報と引き換えに法外な金銭を要求されるといったトラブルになるケースもあります。
近年では、スマートフォンなどで容易に撮影が可能となったことから、風俗店における盗撮でトラブルが発生しています。
例えば、今回のAのようなケースです。
まず、こうしたAの行為がどういった犯罪に該当するのか検討を行う必要があります。
性風俗店などで盗撮をすることは「公共の場所」や「公共の乗物」での撮影ではないため、各地方自治体の迷惑防止条例違反には当たらないものと考えられます。
しかし、覗き行為として軽犯罪法違反に問われるおそれがあるとともに、盗撮する目的で性風俗店へ立ち入ったことが、建造物侵入罪として罪に問われる恐れがあります。
どちらも、警察へ通報された場合には十分に刑事事件化、つまり相応の捜査が行われ何らかの刑事処罰が下されるものと思われます。
もっとも、こうした盗撮をした者に上記の犯罪が成立するとしても、今回のV女が勤務する風俗店のように、盗撮をしたことを理由に金銭を脅し取るということは、それ自体が恐喝罪などに該当する可能性があります。
事件を秘密にしたいがため、こうした要求に応じて金銭を支払ってしまうこともありますが、弁護士による示談書の作成により、適正な示談金の額への調整や、長く続く金銭の要求行為を阻止するなど、弁護士を介することで刑事事件化を阻止した上での適切な終わらせ方を求めることが可能です。
ですので、こういったトラブルを解決するためには、刑事事件を専門に扱う弁護士へ早急に相談することをおすすめします。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,刑事事件化阻止についての刑事弁護活動も多数承っております。
風俗トラブルでお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察小牧警察署への初回接見費用:39,600円)