愛知県長久手市の援助交際事件で逮捕 性犯罪事件解決には弁護士

2017-06-26

愛知県長久手市の援助交際事件で逮捕 性犯罪事件解決には弁護士

名古屋市在住のAさんは、出会い系アプリで知り合った愛知県長久手市の女子高生のVさんと援助交際をしていました。
Vさんの他の援助交際が警察に発覚したことをきっかけとして、Aさんとの援助交際も発覚し、愛知県警察愛知警察署に逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

援助交際は、法律上は「売春」にあたり、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(以下、児童ポルノ法)」や「売春防止法」に規定が置かれています。
児童ポルノ法には18歳未満の者である「児童」と売春した者は5年以下の懲役または300万円以下の罰金に処せられるとされています。
援助交際は対償(お金)を供与して、性交をすることなので「売春」にあたります。

18歳未満の者は性的な判断が未熟であり、有効な同意とすることができないとされています。
そのため、女子高生との援助交際も犯罪として処罰の対象となります。

そして、性犯罪のような被害者のいる事件では、被害者に謝罪をしたり示談をしている事実が重要になります。
示談は法律行為なので、被害者が未成年の場合には、示談交渉の相手方は被害者の代理人である親権者と行う必要があります。
しかし、援助交際の事実を親権者が知っている場合というのは多くはないでしょうから、援助交際に同意をしていた本人よりも、親権者の処罰感情が強い場合が往々にしてよくあり、加害者と親権者で話がこじれて当事者同士での示談が困難になることもあります。
そういった示談が難しくなりそうな場合は、弁護士を依頼して示談をしてもらうほうがよいでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件を専門に取り扱っております。
援助交際事件についても、双方が納得できるような解決に向けて尽力いたします。
性犯罪事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察愛知警察署への初見接見費用:38,500円)