愛知県岡崎市で業務上横領の在宅事件 取調べ対応に強い弁護活動

2016-12-23

愛知県岡崎市で業務上横領の在宅事件 取調べ対応に強い弁護活動

Aは、上司らと共謀して、会社の社長室にあった金庫内の多額の現金を横領したとの容疑で、愛知県警察岡崎警察署取調べの件で呼ばれた。
ところが、Aは実際には横領には何ら加担しておらず、気が弱い性格でもあったことから上司らに巻き添えをくらうかたちで巻き込まれたものであった。
Aは、警察の取調べに対して、誤った態度で臨んでしまったら逮捕されてしまうのではないか、最悪の場合起訴されてしまうのではないかととても不安になった。
そこで、自らの無実を証明するためにも、刑事事件に強いと評判の法律事務所弁護士に相談をして、取調べ対応についてのアドバイスをもらうことにした。

(フィクションです。)

警察など捜査機関では、自白を得るために高圧的な態度で強引に被疑者等から供述を引き出す取調べが行われてきました。
それは、以前から日本の刑事事件において、自白が重要な証拠とされ、逮捕勾留時における取調べでも自白獲得を至上命題とする自白偏重の風潮があったからです。
自白をしてしまった場合、これを争わない限り、たとえ内容が嘘であっても、裁判で被告人の有罪や量刑を決める重要な証拠として採用されてしまいます。
そのため、絶対にウソの自白しないよう、取調べに対しては適切に対処しなければなりません。
もっとも、捜査機関の取調べを受ける者としては、その供述が自分にとって有利なのか不利なのか適切に判断することができなかったり、精神状態がまいってしまい違法・不当な取調べに屈してしまい、ウソの自白をしてしまうおそれがあります。
そのような場合に備えて、すぐにでも弁護士を付けて取調べに対するアドバイスなどを行ってもらうべきでしょう。
また、違法・不当な取調べに対しては、弁護士に捜査機関への抗議をしてもらうべきでしょう。
このように、冤罪を防ぐためには、逮捕されていない段階であっても弁護士を付けることは重要です。

あいち刑事事件総合法律事務所弁護士刑事事件専門であり,冤罪撲滅のための弁護活動も多数承っております。
警察の強引な取調べなどでお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(愛知県警察岡崎警察署への初回接見費用:39,700円)