愛知県高浜市の児童虐待事件で捜査 まずは弁護士に相談

2017-07-01

愛知県高浜市の児童虐待事件で捜査 まずは弁護士に相談

愛知県高浜市内に住む主婦のAさんは、7歳の息子Vくんに日常的に暴力を振るっていました。
ある日、Vくんにできた体のあざに気が付いた学校の先生が心配し、愛知県警察碧南警察署に相談したところ、児童虐待事件として捜査が開始されました。
Aさんはそのことで不安を感じ、刑事事件専門の弁護士のもとへ相談に行くことにしました。
(フィクションです。)

~児童虐待~

児童虐待は、現在、社会的に大きな問題となっています。
では、児童虐待をするとどのような犯罪に該当し、どの程度の刑事処罰を受けることとなるのでしょうか。

児童虐待防止法では、「身体的虐待・性的虐待・ネグレクト・心理的虐待」が児童虐待に含まれると規定されています。
児童虐待の態様によって以下の罪名に該当する可能性があります。
・身体的虐待をした場合 :暴行罪や傷害罪
・性的虐待をした場合  :強制わいせつ罪や強姦罪
・ネグレクトをした場合 :逮捕監禁罪や保護責任者遺棄罪
・心理的虐待をした場合 :傷害罪、脅迫罪、強要罪

このように、ひとくちに児童虐待事件と言っても、児童虐待事件1つ1つのケースによって該当する罪名が全く異なってきます。
そのため、児童虐待を疑われている場合、弁護士に早期に相談することによって、児童虐待事件が一体どのような犯罪に該当するのか、今後どのような対応をすべきなのかを聞くことができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門の弁護士です。無料法律相談・出張法律相談も承っています。
児童虐待事件にお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談ください。
(愛知県警察碧南警察署への初見接見費用:39,900円)