愛知県東海市のスーパーでの万引き事件で逮捕 クレプトマニア(窃盗癖)に対応できる弁護士

2017-04-03

愛知県東海市のスーパーでの万引き事件で逮捕 クレプトマニア(窃盗癖)に対応できる弁護士

Aさんは愛知県東海市のスーパーで、飲料品など、合わせて5000円相当のものを万引きしました。
Aさんの万引きは警備員に発見されており、通報を受けた愛知県警察東海警察署の警察官に現行犯逮捕されてしまいました。
Aさんは過去に何度か万引きで捕まっており、初回接見に来た弁護士からクレプトマニア(窃盗癖)かもしれないと言われました。
(※この事例はフィクションです。)

・クレプトマニア(窃盗癖)について

Aさんは過去に何度も万引きを繰り返しており、初回接見に来た弁護士から、クレプトマニアかもしれないと言われています。

クレプトマニア(窃盗癖)とは、窃盗をする衝動が抑えられず(本人の意思では窃盗をやめたくてもやめられず)、窃盗を繰り返してしまう精神障害のことを言います。
クレプトマニアは、窃盗したものを利用する目的(=利益目的)の犯行ではないことや、常習性があることが特徴としてあげられます。

窃盗を繰り返してしまう精神障害ですので、何度も窃盗罪で逮捕されてしまうケースが多いです。
何度も警察に逮捕されているのに窃盗を繰り返してお悩みの場合、法を守ろうとする意識が低いのではなく、精神障害によるものであるかもしれません。

クレプトマニア(窃盗癖)の人に対しては、刑務所での長期の身体拘束という罰はあまり効果を有しません。
クレプトマニア(窃盗癖)を治していくためには、ご家族の支えや、専門機関でのカウンセリング治療などが有効です。

クレプトマニア(窃盗癖)は、窃盗を繰り返してしまうという点だけに着目されてしまうと、ただ重い処罰をくだされてしまうだけで精神障害であるクレプトマニア(窃盗癖)の治療がなされず再犯をしてしまう可能性があります。
そうならないためには、クレプトマニア(窃盗癖)の取り扱いのある刑事事件専門の弁護士に相談することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門であり、クレプトマニアの取り扱いの経験があります。
クレプトマニア(窃盗癖)かもしれないとお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察東海警察署までの初回接見費用:3万7,800円)