愛知県豊橋市の風営法違反事件 親切な無料法律相談の弁護士

2015-10-13

愛知県豊橋市の風営法違反事件 親切な無料法律相談の弁護士

暴力団員Aさんは不法な収益と知りつつ豊橋市内の風俗店から「みかじめ料」を受け取ったとして組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収取)で逮捕されました。
Aさんを逮捕した愛知県警豊橋警察署によると、先週風営法違反で逮捕されたBさんの取調べの過程でAさんの容疑が浮上したとのことです。
事前にAさんから無料法律相談を受け顧問契約を結んでいた弁護士は、早速初回接見に向かいました。
(フィクションです)

~風営法違反~

風営法は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律という法律の略称です。
風営法違反として処罰される行為は様々ありますが、その代表例としては、18歳未満に業務を従事させる場合が挙げられます。
刑罰は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金又は懲役と罰金の併科です(風営法第50条)
従業員を雇い、接待飲食店で働かせる場合、年齢を確認する必要があります。
近年は風営法も厳罰化の傾向があります。
違法な風俗営業を行っている店舗の摘発に関するニュースもテレビなどで頻繁に目にするようになりました。

ちなみに、違法な風俗店の背後には、暴力団など反社会的団体が存在することも多いようです。
こうした団体などによる犯罪行為を取り締まるための法律として、組織犯罪処罰法があります。
上記の事例は、その適用ケースの1つになります。
以下では、組織犯罪処罰法をご紹介したいと思います。

~組織犯罪処罰法とは~

組織犯罪処罰法は、暴力団・テロ組織などの反社会的団体による、組織的犯罪に対処するため規定された法律です。
犯罪の形態が、
・周到に準備された組織性の高い職業的な犯行であること
・心理を巧みに突いた非常に巧妙で習熟されたものであること
・被害が多額であること
など、実刑判決になる可能性の高い犯罪といえます。

もっとも犯人が組織の中でもあまり重要でない立場の場合、身柄解放や減刑の可能性がないわけではありません。
身柄解放・減刑の可能性を知りたいという場合は、あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談をご利用ください。

あいち刑事事件総合法律務所は、刑事事件・少年事件専門の法律事務所です。
風営法組織犯罪処罰法にも精通した弁護士が在籍しております。
早期の弁護士による無料法律相談によって、解決の糸口が見つかる可能性が格段に上がります。
警察介入前でも顧問契約によりいつでも弁護士に相談できる体制を整えることもできます。
(愛知県警豊橋警察署の初回接見費用:4万860円)