愛知県豊川市で自販機荒らしで逮捕 前科回避の弁護活動

2017-01-23

愛知県豊川市で自販機荒らしで逮捕 前科回避の弁護活動

Aは、お金欲しさに単独で、路上の自動販売機のつり銭開口部分を無理やり工具でこじ開け、中にあった金銭を盗み出した。
後日、付近にある防犯カメラの映像を契機に、Aは窃盗の容疑で愛知県警察豊川警察署に逮捕された。
取調べによれば、Aが今回の犯行に及んだのは、勤めていた会社を解雇され、生活費を得るためにとのことであった。
Aが逮捕されたことを知った、Aの遠い親戚であるBは、Aの今後の更生のために何とか前科が付くようなことだけは回避できないか心配し、刑事事件専門の法律事務所に訪れ、経験豊富な弁護士に刑事弁護活動を依頼することにした。

(フィクションです。)

Aは、自動販売機を荒らすという方法で窃盗の罪を犯しています。
このような、自動販売機の扉の開閉部分等を壊す等して、自動販売機の中から金品を盗む窃盗の手口を自動販売機ねらいといいます。

自動販売機ねらいの犯人の約4割が逮捕されています。
また、自動販売機ねらいを行った者のうち、何らかの前科がある者は約4割にのぼります。
今回のAは、前科の有無については定かではありません。
しかし、もし前科がなく今回の自動販売機ねらいが初犯である場合には、初期の刑事弁護活動次第では、不起訴処分を獲得し、前科が付くのを回避することも目指せます。
これを目指す場合、検察官が自動販売機ねらいの窃盗事件の処分を決定するまでに、被害者との間で被害弁償と謝罪に基づく示談を行うことが非常に重要となります。
示談交渉が想像以上に長引くことも珍しくありませんので、不起訴処分を目指すのであれば、早期の段階で弁護士に刑事弁護活動を依頼すべきでしょう。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,窃盗事件における前科回避のための弁護活動も多数承っております。
被害者との示談交渉でお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察豊川警察署への初回接見費用:41,500円)