愛知県警中警察署の痴漢事件 無罪判決で頼れる弁護士

2016-11-01

愛知県警中警察署の痴漢事件 無罪判決で頼れる弁護士

Aは買物に行くため、Vは高校から帰宅するために電車に乗っていた。
電車内はとても混雑していた。
AとVは、他の乗客に押されるなどしながら乗車し,その向きのまま両ドアの中央付近に立った。
車内は,乗客同士身体が触れる状態であった。
駅が発車するとすぐにVは太ももあたりに何か当たったと感じた。
さらに上下に動かすように触られたため、次の駅に停車しそうになったところで「この人痴漢です。」と腕をつかんで降車した。
(平成22年11月22日大阪地方裁判所堺支部の判決を元に作成したフィクションです。)

地下鉄の最終電車が終了したタクシー乗り場で、女性Vは上司Bと順番待ちをしていた。
そのVの後ろにAが立っており、AがVのお尻を洋服の上から触ったとして愛知県警中警察署の警察官に逮捕された。
上司BもAの痴漢行為を見ていたという。
Aは痴漢行為はしていないと否認を続けた。
(平成24年8月31日横浜地方裁判所判決を基に作成したフィクションです。)

上記の事例は、いずれも実際に起こった事例を元ネタにして作成したものです。
いずれの裁判でも被告人には、無罪判決が下されました。
痴漢事件は、ある日突然発生します。
そして、その加害者や被害者の立場になることは、誰の身にも起こりうる話ですから、油断大敵です。
困ったら弁護士にご相談ください。

あいち刑事事件総合法律事務所では、無罪判決を目指す弁護活動も含め痴漢事件の弁護活動も数多く行っております。
無罪判決を目指したいという方のご相談も受けられますし、加害者を告訴したいという被害者の方のご相談もお受けできます。
早期に弁護士に依頼することで受けられるサポートの幅が広がります。
痴漢事件に巻き込まれてしまったら、すぐにご相談ください。
(愛知県警中警察署の初回接見費用:3万5500円)