安城市で万引き事件 示談交渉に強い弁護士

2016-03-28

安城市で万引き事件 示談交渉に強い弁護士

ある日,Aはほんの気の迷いからスーパーマーケット内の食品売り場において,万引き行為をはたらいた。
Aの挙動のおかしさを察知した万引きGメンは,Aが店を出た瞬間に捕まえ,警察に引き渡したのが逮捕に至る経緯であった。
Aはとても反省をしており,Aの親族はどうにかしてAを助けてもらえないかと,愛知県内で刑事事件に強いと評判の法律事務所弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

~万引きで逮捕されても,諦めるのはまだ早い~

窃盗罪は,他人の物を盗んだ場合に成立し,10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる可能性のある犯罪です。
万引き行為は,文字通り他人の物を盗む行為なので,窃盗罪に当たります。
もっとも,万引きで逮捕されても,すぐに起訴され判決へ,ということにはなりません。
万引きで逮捕された後に,適切な対応を取ることによって,刑事裁判を回避することができる可能性はあります。

迅速な事件解決方法のひとつとして,万引きを行った店舗に対する示談交渉が挙げられます。
もっとも,個人店のような場合はともかく,チェーン店等であれば,一切示談には応じないという態度を会社自体が取っているということも珍しくはありません。
ですが,そのような場合でも会社と直接交渉をし,示談交渉を行うということが可能です。

ですので,会社の方針で,示談には一切応じないとのことであっても早急に諦めてしまう必要はありません。
弁護士を通して,少しでも示談交渉への道を探りましょう。
示談が得られた場合には,当事者間で事件は解決されたと見られるので,不起訴・事件解決に至る可能性は高くなります。

もちろん,これら上記の行為は一例ですので,対処方法は具体的状況によります。
ですので,まずは弁護士に相談して法的アドバイスを受けるのが一番であるといえます。
あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,示談獲得のための弁護活動も多数承っております。
身内の方が万引きをして逮捕されてしまったとお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(愛知県警察安城警察署への初回接見費用:4万320円)