【お客様の声】愛知県で痴漢事件 低額の罰金刑獲得の弁護士

2016-06-21

 【お客様の声】愛知県で痴漢事件 低額の罰金刑獲得の弁護士

■事件概要

 依頼者(30代男性,無職,前科無し)が,自動車を運転中,その窓から路上を歩いていた被害女性のでん部を触った痴漢事件。

■事件経過と弁護活動

 事件後,ナンバープレート等の目撃情報から依頼者のもとに警察から電話がかかってきて,依頼者は警察署に出頭し,任意での取調べを受けることになりました。取調べ後,依頼者は事件当日は逮捕されることなく帰宅を許されましたが,警察官からは,今後は在宅事件として捜査が続けられ,後日再度呼出しがあるのでこれに応じるようにと告げられました。依頼者は,本件痴漢事件を前後して就職活動に励んでおり,とある会社から採用決定が出されたばかりで,事件内容が職場に知られてしまうことで採用がなかったことにならないかを心配され,当事務所の無料相談にお越しになりました。
 当事務所の弁護士が無料相談の中で事件の内容を詳しく聞き取った結果,依頼者は本件痴漢事件の以前にも同様の痴漢事件を起こしていたが,当該事件は不起訴処分となったこと,本件痴漢事件の被害者とは面識がないこと,依頼者は重い心臓の病気の手術をしたばかりで,身体的にも精神的にもかなりのストレスが溜まっていたこと等の事実が確認されました。依頼者は,本件痴漢事件の刑事処分の結果次第では,採用された就職先から解雇されてしまうことを心配され,当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼をされました。
 依頼を受けた担当の弁護士は,刑事手続きの流れや取調べ対応をアドバイスし,今後の刑事処分について不安を感じている依頼者の不安を払しょくするよう努めました。また,事件が検察に送致されてからは,被疑者である依頼者は本件痴漢事件と向き合い,真摯に反省をしていることや,就職先を確保して生活基盤を安定させている最中であり,更生に向けた環境が整っていること等を主張して,懲役刑のような重い刑罰で起訴しないよう訴えました。
 このような刑事弁護活動の結果,依頼者は略式裁判による低額での罰金刑で本件痴漢事件を終わらせることが出来ました。これにより,罰金刑を受けたことで前科はついてしまったものの,比較的短時間で事件を終了させることができ,依頼者は真面目に勤務するかたちで更生を図ることが出来るようになりました。

102077