同僚への強姦事件で逮捕 名古屋市中村区で保釈に強い弁護士

2016-01-31

同僚への強姦事件で逮捕 名古屋市中村区で保釈に強い弁護士

名古屋市中村区内のC社に勤めるAは、常々Vと交際したいとの思いを抱いていた。
ある日、オフィス内にVと二人きりになったAは、Vに交際を申し込んだが、拒否されてしまった。
急にVが憎くなったAは、他に誰もいない状況をいいことに、オフィス内でVを姦淫した。
Aは愛知県警中村警察署強姦罪逮捕された後、名古屋地方裁判所で刑事裁判を受けることになった。
深く反省したAは、保釈してもらって、社会奉仕活動に従事したいと思っている。
保釈を勝ち取るため、Aは刑事事件で評判のいい弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

~保釈を認めてもらうための理由~

保釈されると、身柄の拘束が解かれ、ある程度自由な生活を取り戻すことができます。
また保釈中に社会奉仕活動などに携われば、刑事裁判での量刑にもいい影響を及ぼすことでしょう。
社会奉仕活動を行うと言えば、聞こえはいいので案外簡単に保釈してもらえると思うかもしれません。
しかし、現実問題として保釈を勝ち取ることは簡単ではありません。
なぜなら、刑事裁判が起こされた後も身柄を拘束されているのには、ある程度理由があるからです。

起訴後、勾留が継続される理由は、被告人が逃走、証拠隠滅、被害者や証人の威迫を行うことを防止し、刑事裁判への出頭を確保するためです。
簡単に言うならば、逃亡等をすると疑われているからです。
上記のAの場合、オフィス内で感情の赴くまま犯行に及んだ以上そのように思われても仕方ないのかもしれません。
逃げると疑われている人が、慈善事業をしたいから保釈してほしいといっても、逃げるための理由付けなんじゃないかと強く疑われてしまうことになります。

「それではどうしたら保釈してもらえるのか?」
という疑問が湧いてきたときは、弁護士に相談するいいタイミングです。
強姦事件で逮捕され、保釈を目指している場合は、刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
初回の法律相談には、無料で応じさせていただきます。
弁護士が逮捕されているご本人から直接話を聞く必要がある場合には、警察署まで面会(接見)にも参ります。
名古屋市中村区の強姦事件は、弊所の刑事事件で評判のいい弁護士までお問い合わせください。
(愛知県警中村警察署への初回接見費用:3万3100円)