【お客様の声】岐阜県で労働基準法違反及び児童ポルノ・児童買春禁止法違反の事件で逮捕 示談交渉で不起訴処分獲得と保釈獲得の弁護活動

2016-07-18

【お客様の声】岐阜県で労働基準法違反及び児童ポルノ・児童買春禁止法違反の事件で逮捕 示談交渉で不起訴処分獲得と保釈獲得の弁護活動

■事件概要
 依頼者の息子(40代男性,経営者,前科なし)が,被害者が18歳未満の児童であることを知りながら,同児童に有害な業務を行わせたとして逮捕された労働基準法違反事件。また,後日被疑者である息子は,別の児童に対して児童買春をしたとして児童ポルノ・児童買春禁止法違反でも再逮捕されました。

■事件経過と弁護活動
 本件事件によって息子が逮捕されたことを知った依頼者から,当事務所の弁護士に刑事弁護活動の依頼がなされました。当事務所の弁護士が,直ちに警察署に赴いて,被疑者である息子本人と接見を行ったところ,被疑者にはすでに国選弁護人が付いているが,満足な刑事弁護活動を行ってもらっていないこと,被疑者は自己が経営する会社の他にも未成年女児のビジネスを立ち上げていたこと,同ビジネスについての切り盛りは別の人に任せていたこと,児童買春については認めていることなどの事実が確認されました。
 刑事弁護の依頼を受けた弁護士は,まず,労働基準法違反については,直ちに実質的な被害者である児童及びその両親との示談を締結させるとともに,依頼者の息子は実質的な管理をしていなかったことを理由として,不起訴処分にすべきであると検察官に訴えました。また,確認された事実について依頼者に伝えたところ,依頼者からは,被疑者が経営している会社の経営が滞っていることを知らされました。会社の今後の行く末について弁護士は,起訴されて被告人となった息子と接見を重ねて協議しました。そして,会社をたたむ決意をした被告人に,自ら会社の清算作業を執り行ってもらうため,担当の弁護士は,保釈による身柄解放活動に取り掛かりました。具体的には,親である依頼者の厳重な監督により証拠隠滅の可能性がなくなることや,被告人自らが会社清算を行うことの必要性があることを裁判所に訴えました。
 このような弁護活動の結果,労働基準法違反については不起訴処分となるとともに,保釈を獲得することができましたので,身柄を解放された依頼者の息子は,自らの手で会社の清算手続きを行うことができました。
 児童ポルノ・児童買春禁止法違反については起訴されてしまったものの,公判では,依頼者の息子は罪を認めて反省の弁を述べ謝罪していることや,再犯防止のために更生環境が整っていることなどから,寛大な判決を求めました。その結果,依頼者の息子は本件事件について,執行猶予付き判決を獲得することができ,収容されることなく事件を終わらせることができました。
 

102102