岐阜県の児童ポルノ禁止法違反事件で逮捕 情状酌量を目指す弁護士

2015-10-25

岐阜県の児童ポルノ禁止法違反事件で逮捕 情状酌量を目指す弁護士

岐阜県養老町在住の20代公務員のAさんは、岐阜県警養老警察署児童ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕されました。
岐阜県警養老警察署によれば、Aさんは、養老町内の公衆浴場において父と一緒に脱衣場にいた女児の裸の動画を小型カメラで撮影し、自宅のパソコンに保存していたそうです。
Aさんの父親から相談を受けた弁護士事務所は、児童ポルノ禁止法違反事件に強いと評判でした。

この事件は、2015年10月13日の毎日新聞に掲載されていた事件を基に作成したフィクションです。

~情状による減刑について~

被告人の情状に考慮すべき事情がある場合、裁判所は減刑することができます。
これを情状酌量といいます。
情状酌量により減刑が認められれば、執行猶予が付いたり、刑務所に入る期間が短くなったり、罰金で済むということになります。
ちなみに、「情状」とは、犯罪に関する事情とその他の事情の二つがありますが、それぞれ被告人に有利になる場合と不利になる場合があります。

もっとも、情状として減刑する方向で考慮すべき事情があるとしても、いつでも情状酌量されるわけではありません。
あくまで、裁判所が刑を軽く「できる」というだけで、裁判所が刑を軽く「しなければならない」というわけではないからです。
そのため、情状酌量が認められるには、経験豊富な弁護士が、裁判官に対し、熱心に、かつ、説得的に刑を軽くするよう訴えかけていく必要があります。

ちなみに「経験豊富な弁護士」といっても、ただ単にキャリアが長ければいいというわけではありません。
長いキャリアがあっても刑事弁護の経験がほとんどないという弁護士はざらにいるからです。
ですから、「経験豊富な弁護士」を探すなら、「刑事事件専門」の弁護士を探すべきです。
刑事事件専門」の弁護士の場合、若手でも相当の経験を積んでいることが多いです。

児童ポルノ法違反事件を起こしてしまったが、減刑してほしいとお考えの方は、刑事事件の経験豊富な弁護士が所属するあいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
刑事事件を専門とする法律事務所だからこそ出来る弁護活動があります。
なお、初回相談は無料で行っております。
(岐阜県警養老警察署 初回接見費用:4万3400円)