岐阜県本巣市で空き巣事件 余罪取調べに強い弁護士

2016-01-24

岐阜県本巣市で空き巣事件 余罪取調べに強い弁護士

Aは,岐阜県本巣市内において空き巣に入ったところ,岐阜県警北方警察署の警察官に現行犯逮捕された。
逮捕当初は,Aの行った住居侵入,窃盗についての取調べだった。
しかし,取調べが進むにつれ,だんだんと余罪を追及するようになってきた。
というのも,Aが空き巣をしていたのと同時期,同じ本巣市内において,自転車のサドルなどに火を付けられるなどの放火事件が相次いでいたからである。
Aは身に覚えがなかったため,自分と放火事件は無関係だと何度も説明したが,警察官には,一向に相手にされなかった。
(フィクションです)

~余罪取調べの違法性~

取調べで話したことは,原則としてすべて証拠になります。
ですので,全く身に覚えがないことでも,そういうことをしてしまったと話してしまった場合には,裁判でもそのように判断されてしまうおそれがあります。
その結果,いわれもない罪を着せられてしまうことがなくはありません。
本件のAもそのような危険性に直面している1人です。

もっとも,当該取調べが違法に行われたとすれば,話は変わってきます。
違法な取調べによって得られた供述は,被疑者・被告人の犯行を立証するにならない可能性があるからです。
例えば,上記のように,住居侵入・窃盗の容疑で逮捕したにもかかわらず,専ら放火事件について取調べが行われているようなケースです。
このように逮捕の根拠となった被疑事実と別の犯罪事実を取り調べることを「余罪取調べ」と言います。
余罪取調べもある程度までは許されますが,それも行きすぎれば違法性を帯びてきます。

余罪取調べがあったときには,すぐに弁護士に相談し,当該取調べに違法性はなかったか精査する必要があります。
その点をチェックするか否かは,後の刑事裁判の結果に大きな影響を与えるかもしれません。

窃盗罪の刑は,十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金であるのに対し,放火罪は最高で死刑があります。
捜査機関の違法な取調べのせいで,いわれもなく命まで奪われてしまう場合があります。
あいち刑事事件総合法律事務所は,そんな結果になることを決して許しません。
濡れ衣を着せられそうな状況にある,とお困りの方は,刑事事件専門のあいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(岐阜県警北方警察署までの初回接見費用:4万3500円)