【お客様の声】岐阜県の路上における強制わいせつ事件 弁護活動で不起訴処分を獲得

2017-06-19

【お客様の声】岐阜県の路上における強制わいせつ事件 弁護活動で不起訴処分を獲得

■事件概要
 ご依頼者様の弟様(40代男性)が、岐阜市の繁華街の路上において飲食店勤務の女性に対し、わいせつな行為の目的で暴行を加えて、無理矢理、内腿を触るなど行ったという強制わいせつの事件。

■事件経過と弁護活動
 弊所の無料相談にご依頼者様がお越しになった際は、事件の事情を把握できていない様子でした。
 相談を受けた弁護士は、ご依頼者様から、「弟と早く接見して、事情を確認してほしい」という強い要望がありましたので、相談後に、弊所に刑事弁護活動を依頼されました。
 担当の弁護士は、警察署に留置されている被疑者に接見に行き、事実の確認を行い、今後の刑事事件の流れや取調べについてのアドバイスなどを行いました。
 さらに、事件現場の実況見分などをしたうえで、処分が寛大なものになるよう弁護活動を試みました。その中で、被害者との示談交渉も行っていきました。
 その際に、被害者からは、告訴取消書への署名・押印をいただくことができました。
 その後、担当の弁護士が、被害者との示談交渉の結果と告訴取下書を検察官に提出した結果、翌日に被疑者は釈放され、本件強制わいせつ事件は不起訴処分で解決することができ、ご依頼様の弟さんは起訴されることなく、社会に復帰することができました。