岐阜県でストーカー規制法違反事件により逮捕 勾留を阻止する弁護士の活動

2016-08-05

岐阜県でストーカー規制法違反事件により逮捕 勾留を阻止する弁護士の活動

岐阜県に住むAは,元交際相手であるVに対して,フラれたことの腹いせとして,連日にわたって待ち伏せたりする,つきまとい行為をした。
VはAのストーカー行為に恐怖を感じ,岐阜県警岐阜北警察署へ相談に行った。
そのことにより,後日岐阜県警岐阜期待警察署からAへ,ストーカー規制法に基づく警告書が出された。
警告書が出された後,心を入れ替えたAは新しい恋人を作ったが,AはVとの交際時にVに対して多額の現金を渡していたので,これだけは返してもらいたいと思うに至った。
Aは,ほとぼりが冷めたと思い,お金を返してほしいとVに電話をした。
しかし,この行為がストーカー規制法に違反するとして,Aは岐阜県警岐阜北警察署に逮捕され,後日勾留が決定された。
Aが逮捕・勾留されたことを警察から聞かされたAの母親は,東海地方において刑事事件に強いと評判の法律事務所に相談をすることにした。
(フィクションです。)

Aは,Vに対してつきまとい等の行為をしたとして,ストーカー規制法違反の罪で,逮捕・勾留され,身柄拘束されています。
不慣れな場所での長期間に及ぶ身柄拘束は,社会人として働いている方のみならず,そうでない方にとっても,その負担は大きいものです。
特に,Aが持病を抱えているときには,身体はもちろん精神への負担も大きくなります。

そのような懸念があるとき,弁護士としては,一日でもAを身柄拘束の状態から解放できるように尽力します。
具体的に弁護士が取るべき行動としては勾留を阻止することが考えられます。
身柄が拘束されることによる不利益が大きいことを,検察官や裁判官に法的に主張するのですが,このような事項は特に専門性が強いので,刑事事件に優れた弁護士にご依頼なされるべきでしょう。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,逮捕されている方の身柄を解放するための弁護活動も多数承っております。
ストーカー規制法違反で逮捕・勾留され困っているという方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(岐阜県警察岐阜北警察署への初回接見費用:4万3500円)