岐阜市の空き巣事件で逮捕 執行猶予付き判決獲得に強い弁護士

2016-12-30

岐阜市の空き巣事件で逮捕 執行猶予付き判決獲得に強い弁護士

Aは、岐阜市内のV宅の庭先から侵入し、屋内にあったVの管理する金品を持ち去ったとして住居侵入及び窃盗の容疑で岐阜県警察岐阜北警察署逮捕された。
当初、Aには国選弁護人が付いていたが、Aの親族に対しては何ら連絡がないままであった。
したがって、Aの親族はVに対して謝罪や被害弁償をすることもできないままであった。
そのような状態のままAについての刑事事件手続きは進んでいき、とうとうAは起訴されることになってしまった。
Aの親族はしびれを切らし、少しでもAの量刑を軽くできないか、示談交渉をしてもらえる私選の弁護士を探すことにした。
そして、岐阜市内において刑事事件専門と謳ってる法律事務所弁護士に事件について相談をすることとした。

(フィクションです。)

空き巣とは、一般に家人が留守にしている間に家に侵入し、金品を盗む窃盗の手口をいいます。
このような侵入窃盗事件において、事実につき争いのない場合、起訴猶予による不起訴処分又は略式裁判による罰金処分を目指すことが可能です。
上記の処分の獲得を目指すにあたっては、早い段階のうちに被害者との間で被害弁償と謝罪による示談を行うことがとても重要になってきます。
ところが、今回のAの場合、付いている国選弁護人はVとの間の示談交渉を執り行っていないようです。
そして、そのまま起訴されてしまいました。
しかし、そのような場合においても、示談交渉をすることによって被告人が真摯に反省し謝罪の態度を示していることと、被害者の許しがあることを適切に主張することができます。
そして、その結果として執行猶予付き判決を獲得することも十分可能です。
諦めてしまう前に、一度刑事事件専門の弁護士に事件の相談をお願いしてみるべきでしょう。

あいち刑事事件総合法律事務所弁護士刑事事件専門であり,起訴後においての刑事弁護活動も多数承っております。
起訴後の示談交渉などでお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(岐阜県警察岐阜北警察署への初回接見費用:43,500円)