岐阜市内の傷害事件で弁護士 逮捕から釈放への流れ

2016-01-30

岐阜市内の傷害事件で弁護士 逮捕から釈放への流れ

会社員であるAは,岐阜駅付近の居酒屋店舗内において,たまたま居合わせたVと口論になった。
売り言葉に買い言葉で頭に血が上ったAは,酒の勢いもあってか,右拳でVの側頭部を殴打したところVは転倒し,首等に全治2週間の怪我を負った。
店員の通報により駆けつけた岐阜県警南警察署の警察官により,Aは現行犯逮捕された。
Aの妻は,Aとの面会が終わったあと,東海地方で刑事事件に特化した弁護士のいる法律事務所に電話をした。
(フィクションです)

~傷害事件の発生割合~

世の中では日々多数の刑事事件が発生しているということは,皆さんもご存じだと思います。
では,そのうちどういった犯罪がよく発生しているかご存知ですか?
例えば,上記のAさんが犯してしまった傷害事件はどうでしょう?

平成25年の犯罪白書によると,傷害罪は全体のうち第7位の犯罪件数となっています。
ちなみに,このランキングのうち,第1位は窃盗罪です。
第2位は,自動車運転過失致死傷罪(現在は、過失運転致死傷罪)です。
第3位は,器物損壊罪です。

傷害事件の発生件数を犯罪全体の割合で表すと,1.5%にすぎません。
意外と少ないと感じるかもしれませんね。
あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は,全員刑事事件専門です。
酒の席で傷害事件を起こしてしまった,後悔しているどうにかしてほしい,という方々のために日々たくさんの弁護活動に取り組んでいます。
逮捕されたけど,どうしても早期に釈放されたいというお方は,あいち刑事事件総合法律事務所まで是非ご相談ください。
(岐阜県警岐阜南警察署までの初回接見費用:4万円)