岐阜県恵那市の暴行事件で逮捕 示談交渉に強い弁護士

2017-01-29

岐阜県恵那市の暴行事件で逮捕 示談交渉に強い弁護士

Aさんは、居酒屋で偶然隣り合わせた初対面のVさんと口論になり、Vさんを殴ってしまいました。
その後、店の通報で現場に駆けつけた岐阜県警察恵那警察署の警察官によって、Aさんは暴行罪で現行犯逮捕されてしまいました。
今回の事件を知ったAさんの勤務する会社は、Aさんをクビにしました。
Aさんの母親は、Aさんの将来のため、示談を締結して不起訴処分で事件を終わらせたいと考えています。、
(フィクションです)

~示談交渉の際の注意点~

暴行事件に限らず、被害者のいる刑事事件で捜査されている場合、被害者と示談が成立することで、不起訴になる可能性が高まります。
不起訴を目指す場合は、検察官が処分を決める前に示談を目指す必要があります。

しかし、示談交渉にあたって、被害者と示談金の額や条件で折り合いがつかない場合もあります。
被害者から相場よりも高い示談金額を提示されるケースなどです。
このような場合、被害者の提示する示談金の額を支払えば示談が成立するというような場合は、話し合いを長期化させて示談成立が間に合わない、または交渉が決裂して示談が成立しないよりも要求通りの示談金を支払ってしまった方がよいこともあります。。
特に身柄拘束されている事件では、時間との勝負になりますので、ある程度金額や条件の妥協をすることが必要になる場合もあります。

ですが、早く示談を成立させる必要がある場合でも、被害者が要求する示談金額にそのまま応じるべきかよく考えるべきです。
一日でも早く事件を終わらせたいという気持ちの方は多いですが、被害者の言いなりで高額な示談金を支払うのはお勧めできません。
何ら根拠のない不当な高額請求には応じない、という判断も時には必要となってきます。

示談交渉が難航してお困りの方は、示談交渉の経験豊富な弁護士に相談されることをお勧めします。
刑事事件を専門とする弁護士であれば、適切な減額交渉や、個別の事情を勘案した合理的な金額で交渉することもできます。
弁護士は交渉術にも長けていますので、被害者の状態に合わせて交渉のテクニックを駆使して、怒っていて示談の難しい相手であっても示談を成立させることができるのです。

また、示談交渉が難航しているケースでも、検察官が示談を成立させてほしいと考えているようなときは、示談が進むよう検察官から被害者側に働きかけてくれることがありますので、弁護士から検察官に対して、被害者の方を説得してもらうよう交渉することもあります。

まずは、弁護士に相談して、一般的な示談金額がどれくらいになるのかを知ったうえで、示談交渉を進めても、遅くはないでしょう。
あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門であり、、示談交渉の実績が数多くあります。
岐阜県をはじめ東海地方示談交渉に強い弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(岐阜県警察恵那警察署の初回接見費用:4万4300円)