神戸支部

弁護士 呉 孝男(お ひょなん)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属 なし
出身 神戸市
経歴 関西大学工学部 卒業
関西大学法科大学院 修了
趣味 サッカー、冒険系の山登り、料理
座右の銘 泰然自若

略歴

私の学生時代は、幼少期から大学卒業までサッカーに明け暮れる日々でした。卒業後は、学習塾の先生や料理の世界で働いていました。このように法律とは無縁の世界で生きてきた私ですが、ある日、友人に誘われ裁判の傍聴に行き弁護士に憧れたのがきっかけで、自分も目指すようになりました。

刑事裁判というのは、過去に起こった出来事を事後的に検証し、どういう事実があったのかを認定し、罪を確定し、裁いていくというものです。そしてその作業を行うのは人間であり、過去の事実を100%忠実に事実認定することなど、おそらくはできません。過去の事実を証拠から認定する場合、その証拠から考えられる可能性を徹底的に争ってこそ、少しでも真実に近づけるはずです。しかし、私が研修中に見た裁判員裁判は、証拠から起こりうる事実の可能性を、徹底的に争ったかどうか疑問の残るものであり、この事件はその後も私の心に残りました。争うからには徹底的にやらないと真実は見えてきません。また、刑事裁判は関わった人の人生を大きく左右するものです。裁判においてあらゆる可能性を考慮し、適正な刑事裁判の実現のため、刑事弁護士となる決意をしました。

 

弁護士 金山 明頼(かなやま あきら)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属 刑事弁護委員会・刑事弁護フォーラム
出身 兵庫県
経歴 京都大学法学部卒業
同大学院法曹養成専攻 修了
趣味 野球観戦、旅行
座右の銘 千里の道も一歩から

略歴

兵庫県神戸市で生まれ、高校卒業まで神戸で育ちました。
その後、大学・大学院・司法修習時代を京都で過ごし、法律を学びました。

法律学を学び始めた当初から、刑法や刑事訴訟法といった、刑事に関する法律に興味を持ちました。刑事手続きでは、何が犯罪になるかや、どのように手続を進めていくかといった点に、厳密さが要求されています。この緻密な手続きの現場に携わりたく、法律家を志しました。

刑事事件・少年事件においては、どうしても捜査機関主導で手続きが進行していきます。その中で、被疑者や被告人の方の意見が十分に反映されるとは限りません。私は、弁護士として、被疑者・被告人の方の声が届き、納得できるような活動を行っていきたいと考えています。

刑事事件・少年事件では、短い期間の間に処分まで一気に進行してしまうこともあります。時間勝負の側面も多く、大変な点も多くあります。しかし、限られた時間の中で、足を使って即行動を信条として、頑張っていきたいと考えています。

 

弁護士 杉野 高正(すぎの たかまさ)

弁護士会 兵庫県弁護士会
所属 刑事弁護委員会
出身 大阪府
経歴 大阪市立大学 卒業
関西学院大学法科大学院 修了
趣味 料理、読書、映画・音楽鑑賞、日本酒
座右の銘 虚心坦懐

略歴

私は、大阪市立大学を卒業し、関西学院大学法科大学院を経て弁護士となりました。

大学では、経済学部に在籍しておりましたが、偶然履修した法哲学の講義をきっかけに法律家という職業に関心を持つようになりました。一念発起してロースクールに進学した後、ロースクールや司法修習で実務を学ぶにつれ、刑事事件への関心が強くなっていきました。

犯罪は、須らく憎むべき行為です。一方で、罪を犯すのは人間です。「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があるように、事件を起こした人にも様々な事情があり、ひとくくりにしてただ罰を与えればよいというものではありません。人は過ちを犯してしまう生き物です。だからと言って、犯した罪を全て水に流すことはできないかもしれません。しかし、私は、事件を起こしてしまった「人」に着目して、その「人」が同じ過ちを繰り返さないよう力になりたいと思っています。

刑事弁護をやるからには、徹底的に結果を追い求めるとともに、依頼者に納得していただける解決にこだわりたいと考えています。刑事事件と一口に言っても、事件が起きた背景や経緯は、千差万別です。依頼者を置き去りにすることなく、どのように事件と向き合っていくか、依頼者とともに悩み考えながら最善の弁護活動を模索していくという姿勢を大切にしています。

ページの上部へ戻る