京都支部 弁護士 山本 洋夢(やまもと ひろむ)

所属弁護士会 京都弁護士会
所属の委員会 刑事弁護委員会、刑事弁護フォーラム
出身 福井県
経歴 神戸大学法学部 卒業
京都大学大学院法曹養成専攻 修了
趣味 スポーツ観戦、食べ歩き、日本酒、カラオケ
座右の銘 雲外蒼天

略歴

私が刑事弁護人を志したのは、修習で多く傍聴した刑事裁判において、検察官は刑事事件を専門にしているのに、対立当事者である弁護人はまだまだ刑事弁護を専門に扱う弁護士が少ないことを疑問に思ったからです。刑事事件は1つとして同じ事件はなく、また、被疑者や被告人にとっては人生を左右する重大ものであり、刑事弁護人には高い専門的知見と迅速な対応力が求められます。刑事を専門に扱うことで、検察官をはじめとする捜査機関と対等に渡り合い、真に被疑者や被告人の方の意見を十分に反映させることができると考えるに至りました。

座右の銘の「雲外蒼天」は、困難を乗り越え、努力して克服すれば快い青空が望めるという意味です。自分もこれまで先の見えない試験勉強を努力で乗り越えて、一歩一歩弁護士になるまでの道を歩んで参りました。弊所に来られる依頼者の方は刑事事件で困難な状況に直面されていると思います。しかし、どんな事件であれ、その困難な状況の先には、ぱっと青空が開けるような解決の道が必ずあるはずです。依頼者一人一人の方がそれぞれ望まれるその解決の道を見つけるために、依頼者の方に寄り添い、そして共に立ち向かっていく弁護士でありたいと思っています。

ページの上部へ戻る