三重の往来危険罪と弁護士 線路への置き石で取調べ

2015-12-27

三重の往来危険罪と弁護士 線路への置き石で取調べ

岐阜県岐阜市在住のAは置き石をすると電車はどうなるのか知りたくなり、鉄道軌道上にコンクリートブロックを置いた。
付近を走行していた電車の運転士は、置き石を発見し、ブレーキをかけたが、間に合わなかった。
電車は脱線したが、低速であったため、死傷者は出なかった。
後日、現場付近で、犯行時刻あたりにAの目撃情報があったことから、Aは往来危険罪の容疑で三重県警本部に逮捕された。
Aが自白を強要されていることを知った親族は、刑事事件に強い弁護士事務所に相談することにした。
(フィクションです。)

~厳しい取調べ~

重大犯罪の場合には、刑事裁判にすることを前提に激しい取調べが行わる可能性が高いでしょう。
初めて逮捕され、取調べを受ける人が、脅したりすかしたりされると、簡単に信じてしまうことが多くみられます。
突然逮捕された後、複数の捜査官から入れ替わり立ち代わり、長時間取調べを受けることを想像してください。
全てが初めての中でそのような状況に追い込まれれば、平常心でいられなくなるということも、なんとなくはお分かりいただけるでしょうか。
その中で「自分の身は自分で守る」なんてことは、ほぼ不可能です。

~刑事事件手続き~

警察や検察は、往来危険罪などの刑事事件を捜査し、必要ならば刑事裁判まで持って行くことが仕事です。
ですから、厳しい取調べをしないように言ったところで、簡単に捜査機関側の対応が変わるとは考えにくいでしょう。
そこで重要になるのが、弁護士の役割です。
警察や検察が必死になって捜査を進めるのに対して、弁護士は必死になって被疑者・被告人の適正な利益を守ります。
日本の刑事事件手続き上、捜査機関側と被疑者・被告人側との対立関係の中で、被疑者らの人権保障並びに社会正義の実現が想定されています。

往来危険罪のような重大犯罪で、警察の取調べを受けなければならない方は、可能な限り早く、刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回の法律相談は無料相談を実施しております。
身柄拘束されている場合は、留置されている警察署まで接見にも参ります。
取調べのご相談は、評判のいい弁護士まで、お気軽にお問い合わせください。
(三重県警本部への初回接見費用:4万2200円)