三重県の著作権法違反事件 逮捕阻止に定評がある弁護士

2015-10-17

三重県の著作権法違反事件 逮捕阻止に定評がある弁護士

三重県熊野市に住む専業主婦Aさんは、三重県警津警察署著作権法違反容疑で逮捕されました。
逮捕容疑は、民法やNHK等の許諾を得ずに、福山雅治氏の動画を違法に複製し、ネットオークションで三重県内の女性ら2人に2枚を計2800円で販売した疑いが持たれています。
三重県警津警察署は、Aさんの自宅を家宅捜索し、DVDレコーダーやパソコン等を押収しましたが、Aさんは延べ2200人に数百万円分の違法DVDを販売したと見ています。

平成27年9月29日時事通信社記事を基に作成しました。
但し、地名・警察署名等は変更してあります。

~逮捕とは何か~

犯罪を行った可能性がある人(被疑者と呼びます。)が、証拠を隠滅したり、逃亡したりする恐れがある場合などに本人の身柄を拘束することを言います。
逮捕されますとその後の勾留も含めて数日から、最長で23日間身柄が拘束されますが、直ぐに釈放されることもあります。
逮捕、勾留されている間は、家族等との交流が制限されますが、弁護士であれば接見として会うことができます。

~逮捕されないためには~

逮捕されないためには、警察や検察官に証拠隠滅や逃亡の可能性が全くないことを理解してもらう必要があります。
しかし、容疑者や家族の方がその主張をされてもほとんど相手にされないと思われます。
ですから、もしお困りであれば、一日でも早く刑事事件専門弁護士にご相談下さい。
また被害者との間で、示談が成立し、被害者が刑事事件として扱うことを望まないとの意向が明確になれば、警察が容疑者を逮捕する可能性は低くなります。
そのため、「被害者と示談してほしい」という理由で弁護士に相談される方もいらっしゃいます。

逮捕されないためにはできるだけ早期に弁護士に頼んで、逮捕されないための弁護活動を始めてもらう必要があります。
著作権法違反事件で逮捕されてお困りの方や、そのご家族の方は、刑事事件を専門に扱うあいち刑事事件総合法律事務所弁護士に相談してください。
刑事事件は一刻を争うことが多いです。
弊所は初回相談無料の弁護士事務所です。
著作権法違反事件でもお気軽にご相談下さい。
(三重県警津警察署の初回接見費用:42700円)