三重県の人身事故で弁護士 在宅事件で不起訴処分の弁護活動

2016-09-30

三重県の人身事故で弁護士 在宅事件で不起訴処分の弁護活動

Aは,三重県内のショッピングモール付近で自動車同士の交通事故を起こし,相手であるVに対して,全治1か月の怪我を負わせてしまった。
本件交通事故は,Aのアクセルとブレーキを踏み間違えるという過失に基づくものであり,Vに過失はなかった。
本件交通事故後,Aはすぐに救急車と警察に電話をするなどの対応を行ったが,三重県警亀山警察署からは人身事故として今後は在宅事件として捜査を行う旨を告げられた。
Aは,自己の金銭賠償の点については,自己が加入している任意保険の担当に任せることにしたが,刑事事件については頼れる者がおらず心配であった。
そこで,Aは交通事故に強い弁護士をインターネットで探し,事件の弁護を引き受けてくれないかと相談をすることにした。
(フィクションです。)

交通事故のうち,人身事故として処理されるケースでは,過失運転致傷罪が問題になりえます。
過失運転致傷罪の法定刑は,7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金と定められています。
Aはアクセルとブレーキの踏み間違いという過失によって,自己の運転する自動車で相手に傷害を負わせてしまいました。
Vに過失はなかったのですから,Aには厳罰も予想されるかもしれません。

しかし,本件交通事故は飲酒運転や大幅な速度超過などのように,運転態様が悪質で危険性の高い人身事故というわけではありません。
このような悪質な態様な事故は,危険運転致傷として処罰されますが,本件事故はペダルの踏み間違えという,いわば軽微な人身事故にすぎません。
このような場合,示談交渉に基づいて被害者からの許しを得たり,事故態様が悪質でないことのほか,事故後の対応を適切に主張することによって不起訴処分を獲得することが充分見込まれます。
本件でも,Aは早急に弁護人を選任し,不起訴処分を獲得するために,刑事事件としての本件事故を適切に処理していただくべきでしょう。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門であり,交通事故における不起訴処分獲得のための弁護活動も多数承っております。
人身事故を起こしてお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(三重県警亀山警察署への初回接見費用:4万4200円)